【ごごナマ】椅子(チェア)ヨガの基本姿勢、呼吸法!シニアにも安心

レッグレイス

2018年10月2日放送の「ごごナマ」は
心も体もスッキリ!座ってできる椅子(チェア)ヨガ。

ここでは椅子(チェア)ヨガの基本姿勢や
呼吸法を紹介!

スポンサードリンク

椅子(チェア)ヨガとは?

健康増進やリラックス効果が期待できると
注目される「椅子(チェア)ヨガ」。

「チェアヨガ」は椅子があれば
どこでもできるヨガです。

座ってできるので、シニアにも安心。

椅子(チェア)ヨガの基本の姿勢

正しい姿勢で座ると深く呼吸することができます。

また、目は閉じても閉じなくてもOK。

おすすめの椅子
・背もたれがある
・ひじかけがない
・座面が平らで床と並行

1.背もたれにもたれないで椅子に座る。

スポンサードリンク

ひざはだいたい90°に曲げ、足は腰幅に開く。

足裏全体をしっかり床につける。

2.両手を骨盤をはさむように腰に当て、
骨盤を後ろに倒す。

おなかは力を抜いてリラックスする。

3.倒した骨盤を前に起こすようにして
背すじを伸ばす。

頭がまっすぐ上に引っ張られるような感じで。

4.手のひらを上にして両手をももの上に置き、
両肩をギューッと上げる。

5.上げた肩をゆっくり下ろして、力を抜く。

これが基本の姿勢になります。



椅子(チェア)ヨガの基本の呼吸

ヨガの基本の呼吸は
鼻から吸って鼻から吐く「鼻呼吸」です。

基本の姿勢で座り、鼻からゆっくり吸い、
鼻からゆっくり吐く呼吸を行います。

吸いづらいと感じる場合は、
ゆっくり吐き切ることを意識すると、
自然とたっぷり吸えるようになります。

1.鼻から吸う
「基本の姿勢」で座り、目を閉じて、
鼻からゆっくり息を吸う。

肩の力は抜き、背すじを伸ばす。手のひらは上に。

2.鼻から吐く
鼻からゆっくり吐く。
細長く吐き出すようなイメージで吐き切る。

※ゆっくりとした深い呼吸を心がけます。



ウォーミングアップ脇腹伸ばしのやり方

1.基本の姿勢から足を大きく開く。
右手をモモの上、左手を耳の真横にまっすぐ上げる

2.息を吐きながら、状態を右側にゆっくり倒す

3.伸びたところで動きを止め深い呼吸を3~5回

4.反対側も同じように行います

※手が上がりにくい場合は、ひじを曲げて行う

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ