【たけしの家庭の医学】健康長寿物質AIMを増やすにはさんま&レモン!

さんま、魚

2018年10月2日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。

全身の老化を止める科

スーパー健康長寿物質AIMをふやす食材
さんま&レモンを紹介!

スポンサードリンク

スーパー健康長寿物質AIM

病の回復&身体の老化防止が
期待されるスーパー健康長寿物質。

その物質の名前はAIM。

東大教授の宮崎徹先生が
世界に先駆けて発見しました。

AIMは様々な病気の予防が期待できるたんぱく質。

AIMは細胞の死骸にマーキング、
それを目印に貪食細胞がゴミを除去するのだそうです。

AIMを投与した猫は腎臓病が改善していました。
将来的には人間への投与を目指して研究中。

宮崎徹先生によるとAIMは誰の身体にもあり、
血液1mlあたり5~10mugのAIMを持っているとのこと。

しかし、遺伝や加齢などによりだんだん減少していって
しまうのですが、高齢になっても
AIMが多い人は健康長寿でいられるとのこと。

ではAIMを増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

実は現在も研究中で、増やす確実な方法は
わかっていないのだそうです。

しかし、先生によると食材に含まれる栄養素が
AIMを増やす可能性があるとのこと。

AIMを増やす食材はさんまなどの青魚。

サンマに含まれるDHAが
AIMの増加や産生を促す効果が期待できます。

さらにサンマと一緒に食べるとよいのが
レモンなどに代表されるビタミンC。

サンマとレモンで検証

番組ではAIMが少なかった女性が
毎日さんま1尾とビタミンCを摂取する
という検証を1週間行いました。

初日はサンマにレモン、梅干、ブロッコリースプラウトを
加えたホイル蒸し

2日目は
にんじん、玉ねぎ、ブロッコリースプラウトと
レモンの果肉にサンマを混ぜて1日置いた
たサンマのマリネ

3日目はサンマとレモンのそうめん

4日目はさんまのレモン煮

5日目はさんまのあんかけ

6日目さんまの塩焼き

7日目はさんまの刺身

1週間後AIMの測定をしました。

検証前のAIMの数値は4.23だったのが
5.04にアップしました!




【たけしの家庭の医学】食後低血圧が認知症のサイン!対策はよく噛むこと

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ