【たけしの家庭の医学】食後低血圧が認知症のサイン!対策はよく噛むこと

血糖値、薬、血圧

2018年10月2日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。
認知症を防ぐ科

ここでは食後低血圧が認知症のサインの紹介!

スポンサードリンク

食後低血圧が認知症のサイン

東京都健康長寿医療センターの
原田和昌先生によると、新たにわかった
認知症のサインは食後にあらわれるといいます。

それは食後の眠気。

ご飯を食べると
強い眠気を日常的に感じている人は、
食後低血圧が起きている可能性が高いとのこと。

食後低血圧とは、食後の30分~1時間の間に、
食前と比べて20mmHg以上血圧が下がる状態のことを
言います。

アミロイドβが脳に溜まると認知症を
発症するリスクが高くなりますが、
食後低血圧があるとアミロイドβが
溜まりやすくなります。

食後低血圧がアミロイドβが溜まりやすくなる理由

食事をすると胃腸の血液が増え
脳の血液が減ります。

健康な人でも脳の血流は減りますが、
食後低血圧の人は減り方が大きいのです。

スポンサードリンク

なぜ脳の血流が減ってしまうのかというと
胃腸の血流が増えると血圧を保てなくなり
血圧が下がると脳の血流量が急激に
減ってしまいます。

脳に十分な血流があれば「アミロイドβ」は
洗い流されて溜まりにくいのですが、
食事のたびに脳の血流量低下が起きると、
どんどん溜まっていってしまいます。

これが認知症の発症リスクを
高めてしまいます。

食後低血圧を改善するには?

食後低血圧を改善するには
よく噛んで食べることが重要です。

原田和昌先生によると
3度の食事で、1口で30回噛むと、
血圧のコントロールを助ける
ホルモンが分泌され、
食後低血圧の改善に有効なのだそうです。

よく噛むと食後低血圧がどれだけ改善するか検証

食後低血圧で脳年齢が80代の望月さんが検証。

検証は5日間
3度の食事で一口30回以上噛む。

1週間後食後の血圧をチェック。

検証前は血圧が21低下したが
12まで抑えられました。

アミロイドβ量は約4分の1減少したのでした。



【たけしの家庭の医学】健康長寿物質AIMを増やすにはさんま&レモン!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ