【林先生の初耳学】正しい腹筋のやり方でウェスト引き締め効果!

体操、運動、エクササイズ

2018年10月7日放送の「林先生が驚く初耳学!」

昔ながらの腹筋運動はウェスト引き締めや
筋力アップに効果的ではないとのこと。

そこで、ウェスト引き締め効果のある
正しい腹筋のやり方の紹介!

スポンサードリンク

昔ながらの腹筋は無意味

今、腹筋女子が空前の大ブーム。

しかし、昔ながらの腹筋運動ではウェスト引き締め、
筋力アップともに効果的ではないのだそうです。

こんな感じの腹筋のやり方↓
腹筋、女性

一般的な腹筋で鍛えられるのは
お腹の表面にある腹直筋。

鍛えれば鍛えるほど外側の腹直筋に
厚みが出てしまうので引き締め効果はありません。
むしろお腹が出てしまう可能性も。

実際、アメリカの陸軍では
昔ながらの腹筋は廃止されることが決定。

箱根駅伝で四連覇した
青山学院大学では昔ながらの腹筋を
やめてから成績が伸びたといいます。

腹筋運動で鍛えるべきなのは、
インナーマッスルといわれる「腹横筋」で、
コルセットのような役割で
鍛えるとウェストが引き締まりお腹がへこむ。

さらに体幹が鍛えられ、
運動能力もアップします。

腹横筋を鍛える正しい腹筋のやり方

ボディメイクトレーナーの
おぜきとしあきさんに教えてもらいます。

スポンサードリンク

1.床に座って膝を曲げ、
背筋を伸ばして手を真上に伸ばす。

2.息を吐きながらお腹をへこまし、
体を丸めて“C”の字にする。

そのときひざの下で手を抱え込む。

3.息を吸いながら手を上にあげ、元の状態に戻す。

4.手を上に挙げた状態で、上半身を前後に動かす。

この動きを1日10回行うだけで
腹横筋が鍛えられ、ウェスト引き締め効果が抜群!



【林先生の初耳学】岩盤浴にデトックス効果はない?

【林先生の初耳学】皇居ランニングは体に悪い?3つの理由

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ