【あさチャン】TABETE(タベテ)アプリ!激安で料理が買える!食品ロスをなくす

韓国料理、焼肉

2018年10月11日放送の「あさチャン」のあさトク

食品ロスを防げ!
作りすぎた料理のマッチングアプリが人気!
の紹介!

TABETE(タベテ)

最大8割引きで料理が買える
話題のアプリ「TABETE」。

都内のお店の料理を
安く食べられます。

賞味期限が近い食材で、
お客さんが安く購入できるのです。

料理を安く買える“レスキュー待ち”とは?

例えば、登録している飲食店「300B ONE」の
ステーキ肉は、冷凍ではなく生の肉を使っているため
余っても次の日に提供できない。

そんなときは「TABETE」にレスキュー。

この日は余ったリブロースで作った
「ガーリックライス&ステーキ」1280円を
600円で提供。

また、東京・五反田にある焼き鳥店「たから」。

この日は天候が悪く
ランチ営業が振るわず
余った鶏肉で作った焼き鳥丼を
900円のところ600円で提供。

スポンサードリンク

このお店がアプリに登録した理由は
予約のドタキャン。

以前に40名の客が来なくて20万円分の
売り上げがなくなったということも
理由にあったそうです。




TABETEのHP
TABETE(タベテ)



食品ロス

日本では食品ロスは年間646万トン。

国連では年間320万トンの食糧支援を
行っています。

日本はその2倍の量を廃棄処分している
ことになります。

そのため、食品ロスを減らすアプリが
増えているのだそうです。



Reduce GO(リデュースゴー)

「Reduce GO」というアプリは
月1980円の定額制アプリ。

現在135店舗 4万人が
登録しています。

提携している店舗であれば、
余ったパンやたこ焼き、
お弁当などを1日2回まで
受け取ることができるとのことです。



Reduce GO




【あさイチ】食品ロスをなくすフードシェアサービス!TABETE(たべて)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ