【林先生の初耳学】くびれ母ちゃんの最強トレーニング!筋膜のほぐし方

スポンサードリンク

ヨガ、体操、女性

2018年10月14日放送の「林先生が驚く初耳学」の
ガンバレルーヤ 美ボディへの道。

41歳3児の母ウエスト56㎝のくびれ術。

くびれ母ちゃんこと村田友美子さんが
ガンバレルーヤにくびれを作る
最強レッスンを伝授していました。

くびれ母ちゃんの最強レッスン

くびれ母ちゃんこと村田友美子さんが運営する
トレーニングジム「Yumi Core Body」は
予約が取れない人気のジムで、
入会希望者はなんと300人待ち。

くびれ効果に有名人のファンも多いのだとか。

くびれ母ちゃんは41歳で3児の母ですが、
ウエストは56センチ。

村田友美子さんの著書
「くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング」
は大ヒット。

ガンバレルーヤが、村田友美子さんの
指導を受けます。

スポンサードリンク

村田友美子さんは
腹筋を鍛えずにくびれボディに。

くびれづくりにはインナーマッスルが不可欠。

骨盤と肋骨の間が縮んでいるとくびれができないので、
その間の筋膜をほぐし正しい姿勢を維持することが大事。

中でも大事なのが腸腰筋、小胸筋という2つの筋肉。

腸腰筋のほぐし方

1.太ももの付け根にボールをのせて
体重をのせてカラダを前後に動かす

※腸腰筋をほぐすと反り腰の修正に


小胸筋のほぐし方

1.鎖骨の下にボールをあてて
ひざをまげて体をひねる

※小胸筋をほぐすと猫背&巻き肩の修正に

くびれ母ちゃん筋膜トレーニング

3分ほぐしただけでガンバレル―やの
巻き肩が改善していました。

腸腰筋ストレッチ

1.左足を大きく一歩前に出す。

2.左足を曲げて右足のつま先に重心をのせる。

3.左足を2歩分外へだしへそを正面に向ける。

4.右腕を上げて側屈をする。

反対側も同様に行います。

腸腰筋ストレッチ



くびれの作り方のポイント

くびれをつくる基本姿勢
・腰はそらない
・背筋を伸ばす

体の中心部を引き上げるイメージで呼吸する。

尿をやさしく引き上げて頭の上から出すイメージ。

その感覚で呼吸すると
腹横筋がコルセットのように
お腹を引き締めてくれます。




こちらもよろしければどうぞ↓
【林先生の初耳学】運動中にガムをかむとダイエット効果がアップ!

コメントを残す

このページの先頭へ