【この差って何ですか】そばの健康効果!便秘解消や高血圧予防、免疫力アップ

そば

2018年10月16日放送の「この差って何ですか?」

ここでは「そば」の健康効果について紹介!

スポンサードリンク

「そば」の健康効果

①高血圧予防

そばに含まれる「ルチン」という成分は、
老化によって弾力がなくなった血管を修復し、
さらに血管の壁にこびりついて血流を悪くする
「悪玉コレステロール」を取り除く効果があります。

血流が良くなることで、脳梗塞や心筋梗塞などを
予防することもできます。

【そばと一緒に食べると「高血圧予防」により効果的な食材】

それは大根おろし。

大根おろしにはビタミンCが
多く含まれています。

ビタミンCには、ルチンの働きを
活性化する作用があります。

大根はすりおろすとビタミンCが徐々に減り、
1時間後は半分くらいに。

そのため、そばを食べるとき
は直前に大根をすって食べるのが良い。

また、すだちそばなどもビタミンCが
豊富なため高血圧予防効果が高い。

免疫力アップ

「LPS」と呼ばれる成分が
免疫力アップしてくれます。

「LPS」が弱ってしまった「免疫細胞」の
働きを活性化してくれるため、
「ウイルス」や「細菌」を退治する効果が
より期待できます。

スポンサードリンク

【そばと一緒に食べると「免疫力アップ」により効果的な食材】

それはなめこ。

なめこには「βグルカン」という
成分が含まれています。

「そば」の「LPS」と「βグルカン」が
一緒になると、免疫細胞」がパワーアップして
非常に強くなります。

なめこ以外のキノコにも含まれているので、
色々なきのこを入れたきのこそばは
免疫力アップに非常に良い。

便秘解消

そばには食物繊維が豊富で
そばに含まれる食物繊維の多くは、
水に溶けにくい「不溶性食物繊維」。

この不溶性食物繊維は体内に入ると、
腸の中で「便」と混ざりますが、
水分を吸って膨張するため、
便のかさが増す。
すると、増えた便で腸が刺激され、
便を押し出す動きが活発になるので
便秘解消につながります。

【そばと一緒に食べると「便秘解消」により効果的な食材】

わかめが効果的。

そばの食物繊維不溶性食物繊維ですが、
わかめの食物繊維は水に溶ける食物繊維。

これを両方摂ることが「便秘解消」に
とても効果的。

わかめに含まる水溶性食物繊維が
便の中に入っていくと、便をゼリーのように
柔らかくする効果があるため。



【この差って何ですか】プロが教えるおいしいそばの作り方

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ