【ビビット】ポッコリお腹撃退にお尻エクボ体操のやり方!

体操

2018年10月19日放送の「ビビット」

ポッコリお腹撃退にお尻エクボ体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

ポッコリお腹は股関節の衰え

そのポッコリお腹の原因は、
食べ過ぎだと思っている人も多いのですが
それだけではないとのこと。

ぽっこりお腹は股関節の衰えにも原因が。

股関節は両足の付け根にある
人体の中でも大きな関節の一つ。

股関節は全身のバランスを保つ
重要な役割をしています。

股関節が衰えると猫背や反り腰の原因に。
すると姿勢が悪くなり
ぽっこりお腹に。

大切なのは股関節の周りの筋肉を鍛えること。

股関節専門の理学療法士、
佐藤正裕さんによると
お尻の筋肉をしっかり使えるようにすると
股関節が正常に働くのだそうです。

股関節の歪みや衰えがある方には、
おしりエクボ体操が有効だといいます。

“おしりエクボ”とは
お尻を締めた時に左右にできるくぼみ。

お尻エクボ体操のやり方

スポンサードリンク



寝ながらおしり上げ

朝起きた時に。

普段使わないお尻の筋肉を身体に意識させる運動。

1.あおむけに寝て、ひざを軽く立て、
腰に両手の甲が当たるようにして手を差し込む。

2.腰で手を床に押しつけるようにしながら、
腹筋を使い、腰と手が離れないようにおしりだけ
持ち上げる。

3.3秒間キープしたら、ゆっくり下ろす。

15回ほど行います。


しゃがみ立ち

テレビを見るときなどに

“しゃがんでは立つ”を繰り返すことで、
筋肉強化とストレッチ、2つの効果が得られます。

1.両足のかかとをかるくつけて、
つま先は開く。

2.上半身をまっすぐに保ったまま、
つま先立ちになりながら、かかとの上に
おしりがのるようにしゃがむ。

3.ひと呼吸おき、まっすぐに立ちあがって
①の姿勢に戻る。

※前かがみにならずおしりを締めるのがポイント。

10回繰り返します。

1日10回、3セットがおすすめ。


しゃがめない人はイスを利用しても。

椅子の背もたれに手を置いて支え、
半分までしゃがんで立ちあがる。



つま先立ち

歯みがきするときなどに。

1.左右の足は平行に4~5cmあけ、
両手は腰に軽く当てて姿勢よくまっすぐに立つ。

2.かかとをしっかりあげてつま先立ちし、
左右のかかとと、可能ならひざもくっつける。

※おしりの穴をキュッと締めて
全身が伸びるイメージで。

10秒間キープしてかかとを下ろす。

10秒を5セットぐらい行うとよい。

日常生活に取り入れるとよいそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ