【脱力タイムズ】快眠法!抱き枕、片鼻呼吸法、あいうべ体操、玉ねぎ

睡眠

2018年10月19日放送の「全力!脱力タイムズ」は
三四郎小宮&吉岡里帆の元気でましたの巻。

友野なおさんが最強快眠法を解説。

スポンサードリンク

日本人の2人に1人が不眠症!?

今年8月、WHOの調査によると
日本人の2人に1人が不眠症の疑いがあることが
判明しました。

またあるアンケート調査によると
各国の睡眠時間比較では
日本が最短時間だったのでした。

そこで予防医学コンサルタントの
友野なおさんが質の高い睡眠の取り方を
解説。

友野さんは成人であれば1日に必要な
睡眠時間は7時間で
7時間以下になると睡眠不足から
健康リクスが高まるといいます。




友野先生厳選! 最強快眠法

MOGU

『あの頃を思い出してリラックス!?
胎児姿勢がとれる抱き枕』

スポンサードリンク

胎児姿勢は人間にとって最もリラックス
できる体制といわれ
心身の緊張をほぐし快眠効果が期待できます。



片鼻式呼吸法

『快適な眠りを約束
1日3分!簡単呼吸法』

片方の鼻ずつ呼吸をゆっくりすることで
自律神経のバランスが整って
リラックス感がうながされて
快眠につながります。

1.右手の人差し指と中指を折る

2.親指で右鼻を軽く押え
左鼻からゆっくり4秒間息を吸う

3.薬指で左鼻を閉じ少し息を止める

4.右鼻から息をゆっくり8秒間吐く

2~4を3~5回ぐらい
リックスできるまで繰り返す



あいうべ体操

『快眠の大敵 イビキが止まる!?
顔面体操』

1.口を大きく開いて「あ」という。

2.口を横に広げて「い」という。

3.口をすぼめ前に突き出して「う」という。

4.最後にあご先をなめるように
大きく舌を突き出し「べ」という。

これを1セット10回、
1日3セット行うことでいびきの
軽減効果が望めるとのことです。



タマネギ

『思わぬリラックス効果!?
どの家庭にも絶対ある 快眠野菜!』

玉ねぎは脳をリラックスさせ自律神経の
興奮を鎮める作用があると
いわれています。

欧米では神経が高ぶり、眠れない夜
枕元に玉ねぎのみじん切りを置く
風習があるとのことです。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ