【この差って何ですか】アゴ持ち上げ体操のやり方!のどをきたえ誤嚥性肺炎予防に

2018年10月23日放送の「この差って何ですか?」は
放っておくと病気になってしまう状態の時に
「体に現れるサイン」の差。

「誤嚥性肺炎」のセルフチェック法や
のどをきたえるアゴ持ち上げ体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

のどの機能が衰えているかどうかは、
コップ1杯の水を飲むことで
チェックできます。

『やり方』
100ccのコップ1杯の水を10秒以内で飲み干す。

10秒以内に飲めない方、もしくは途中でむせる方は、
のどの機能が衰えている可能性が高い。

のどが衰えている人は、
喉頭蓋がスムーズに倒れないため、
水を一気に飲むとむせてしまい、
うまく飲めないのです。

スポンサードリンク

のどをきたえる方法として
アゴ持ち上げ体操のやり方を
教えてくれました。


アゴ持ち上げ体操のやり方

1.あごのしたに両手のこぶしを置く

2.あごとこぶしを押しあうように力を入れる

5秒間×10回を1セットとし
1日3セット以上おこなうとよい。

この時声を出しながらおこなうと
より効果的にのどを鍛えることができます。

首の筋肉も鍛えられて
小顔効果も期待できます。




【この差って何ですか】椎間板ヘルニアを予防するおじぎ体操のやり方!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ