【この差って何ですか】椎間板ヘルニアを予防するおじぎ体操のやり方!

腰痛、腰

2018年10月23日放送の「この差って何ですか?」。

放っておくと病気になってしまう状態の時に
「体に現れるサイン」の差

ここでは椎間板ヘルニアのセルフチェック方法や
椎間板ヘルニアを予防するおじぎ体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアのセルフチェック方法

足幅を肩幅くらいに広げて、
かかとを上げて10秒間つま先立ちする。

10秒間の間にかかとが床についたり、
ふらついてた場合は「椎間板ヘルニア」に
なる可能性が高い。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアになる可能性が高い理由

腰から続いてふくらはぎに
神経がつながっていますが、
「椎間板ヘルニア」で神経に
障害が出てくるとふくらはぎの筋肉が
しびれたり、力が入らない状態になります。

そのため、つま先立ちができなかったり、
ふらついたりしてしまう。


椎間板ヘルニアを予防するおじぎ体操のやり方

1.イスに腰かける。

2.45度以上ゆっくり前に倒して、
ゆっくり起き上がる。

これを10往復くらい繰り返す。

1日に、10往復を3回くらい行うと
腰の筋力アップにつながります。




【この差って何ですか】アゴ持ち上げ体操のやり方!のどをきたえ誤嚥性肺炎予防に

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ