【林修の今でしょ!講座】さば缶で骨折・肥満対策に!健康長寿のサバレシピも

2018年10月23日放送の「林修の今でしょ!講座」の
骨まで食べられるさば缶いわし缶さけ缶はスゴい!
健康長寿の秘訣!骨&血管&脳が老けない!

ここではさば缶の
すごいパワーについて紹介!

スポンサードリンク

さば缶

魚の缶詰は骨まで食べられるので、
生魚や焼き魚で魚を食べるより
栄養効果が断然高い。



さば缶には骨折、肥満対策になるパワーがある

骨折対策に

さば缶には骨折のリスクを下げる
パワーがあります。

さば缶には血合が入っています。

血合にはカルシウムの吸収を促進する
ビタミンDが入っています。

肥満予防に

さば缶に含まれるEPAは生の約1.3倍。

さば缶のEPA&DHAは
やせるホルモンGLP-1の分泌を促進します。

EPA&DHAが生の魚より多い理由

EPA&DHAが生より多い理由は
生のまま密閉してから加熱するため
栄養が空気に触れず劣化しない。

スポンサードリンク

健康長寿のさば缶レシピ

新潟・三条市の健康長寿はさば缶の汁を
ご飯にかけて食べていました。

日本全国のさば缶料理を調査。

さばサラのレシピ

新潟・三条市の健康長寿のレシピ

『材料』
さばの水煮缶→1缶

たまねぎ→1/2個

マヨネーズ→適量

醤油→適量

『作り方』
1.さば缶を開けて直接マヨネーズをかける

2.みじん切りにした玉ねぎを上にかける

3.最後に醤油をかけてできあがり!




EPAは食物繊維、ケルセチンと合わさると
脂肪燃焼アップ。

マヨネーズのお酢は
カルシウムの吸収を促進します。


根曲がり竹とさば缶の味噌汁

長野県の健康長寿は
根曲がり竹とさば缶の味噌汁を食べていました。

『材料』
根曲がり竹
サバの水煮缶
味噌



根曲がり竹の食物繊維と味噌のサポニンが
脂肪燃焼を高めます。


ひっぱりうどん

山形県の健康長寿はひっぱりうどんで
さば缶を食べていました。

『材料』
うどん
納豆
サバの水煮缶
生卵
ネギ
大根おろし
めんつゆ


納豆のイソフラボンが
カルシウムの吸収をアップします。

栄養価の高いさば缶の見分け方

同じさば缶でも栄養が違います。

しかし、ある部分を見ると栄養の違いがわかります。

さばの旬が冬なので、
製造月が冬に近いほど栄養価が高い


さば缶の栄養をより効果的に摂取するとよい時間帯

栄養を効率的に摂取するには
朝に食べると良い。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ