【林修の今でしょ!講座】血管におすすめの緑茶の正しい入れ方!温度がポイント

緑茶、お茶

2018年10月23日放送の「林修の今でしょ!講座」の
健康長寿1000人がよく飲むお茶BEST10
お茶パワー!名医が徹底解明SP。

ここでは血管におすすめの緑茶、
緑茶の医学的に正しいいれ方の紹介!

スポンサードリンク

血管のつまりによい作用が期待できる緑茶

血管の詰まりに良い作用が
期待できるお茶は緑茶。

緑茶に含まれる主な4つのカテキンのうち
エピガロカテキンガレートが
血管の悪玉コレステロールを減らします。

食事でとったコレステロールは
血管に入り一部が悪玉に変化。

エピガロカテキンガレートは
小腸から吸収される
コレステロールを減し
さらに体外への排出を促します。

エピガロカテキンガレートが
特に緑茶に多く含まれる理由は
製造工程で発酵させないということ。

スポンサードリンク

発酵させる途中で
エピガロカテキンガレートは減少します。

緑茶の正しいいれ方

1.ポットのお湯を湯のみに注いで
少し冷ます。

2.急須に茶葉を入れ、
①のお湯を戻し入れ少しさます。

1~2分待つ。

3.湯のみに注ぐ。

エピガロカテキンガレートが
よく出る緑茶の淹れ方のポイントは
お湯より少し冷ますこと。

カテキンが一番出やすい温度は
70~80℃。

温度に気をつけると
エピガロカテキンガレートが
最大限にとれる!



緑茶について

【林修の今でしょ!講座】血管におすすめの緑茶の正しい入れ方!温度がポイント

【林修の今でしょ!講座】緑茶の1日に飲む適量や飲むベストタイミングは?

【林修の今でしょ!講座】緑茶のお茶がらレシピ!チャーハン、和え物、スムージー

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ