【林修の今でしょ!講座】緑茶の1日に飲む適量や飲むベストタイミングは?

緑茶、お茶

2018年10月23日放送の「林修の今でしょ!講座」の
健康長寿1000人がよく飲むお茶BEST10
お茶パワー!名医が徹底解明SP。

ここでは血管におすすめの緑茶、
緑茶の医学的に正しいいれ方の紹介!

スポンサードリンク

血管のつまりによい作用が期待できる緑茶

血管の詰まりに良い作用が
期待できるお茶は緑茶。

緑茶に含まれる主な4つのカテキンのうち
エピガロカテキンガレートが
血管の悪玉コレステロールを減らします。

脳梗塞のリスクが低下する緑茶の量は1日何杯?

脳梗塞のリスクが低下したお茶の量は?

正解は5杯以上。

調査によると
1日5杯飲む人は1日1杯の人と比べ
男性42%、女性62%脳梗塞リスクが
低下しました。

静岡県が行った最新の調査では、
静岡県の100歳以上の8割が
緑茶を1日5杯以上飲んでいたことも
わかっています。

ただ、緑茶にはカフェインも含まれています。

1日のカフェインの摂取量は
健康な成人の場合400㎎以下であれば
健康リスクへの心配は少ないといわれています。

湯飲み1杯で約20㎎程度なので、
他の飲み物からもカフェインを
摂取することを考えると1日10杯程度までが
いいとのことでした。

スポンサードリンク

トクホの緑茶と普通の緑茶の違いは?

トクホのお茶は人を対象とした実験で
効果があると確認できたお茶。

商品により異なりますが、
急須で入れたお茶よりもカテキンの量は
トクホのお茶の方が多いとのこと。

カフェインも含まれるため
1本程度がよいとのことです。

緑茶は飲むタイミングが大事

血管にコレステロールをためない
緑茶を飲むベストタイミングは食後3時間。

食事でとったコレステロールが
吸収されるタイミングを見計らって
飲むのが大事。

食事で摂ったコレステロールが
小腸に到達するのがおよそ3時間、
このタイミングでコレステロールは
小腸から吸収されます。

食後3時間経った後に緑茶を飲むと
小腸への吸収を抑えることができます。



緑茶について

【林修の今でしょ!講座】血管におすすめの緑茶の正しい入れ方!温度がポイント

【林修の今でしょ!講座】緑茶の1日に飲む適量や飲むベストタイミングは?

【林修の今でしょ!講座】緑茶のお茶がらレシピ!チャーハン、和え物、スムージー

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ