【世界一受けたい授業】足指ストレッチのやり方!動画も!腰痛、外反母趾改善に

かかと、足、足裏

2018年10月27日放送の「世界一受けたい授業」の
腰痛・むくみ・外反母趾は足指を広げろ!

今井一彰さんの
1日3分でできる足指ストレッチの紹介!

スポンサードリンク

腰痛・むくみ・外反母趾は足指を広げろ

教えてくれるのは
みらいクリニック院長の今井一彰先生。

現代人は、足指の間が狭くなっていて
バランスが悪い足になっています。

女性の4人に1人は外反母趾に
悩んでいるといわれています。

子どもたちにも浮き指などの
足指トラブルが発生しています。

これらは足指を広げることで
改善できるといいます。

足指を広げれば重いものを
支えることができます。

スポンサードリンク

足は体を支える土台なので
足指を広げることで安定します。

理想的な形は足の指が
きれいに広がった扇型。

しかし、サイズの合わない靴や
靴下、ストッキングなどで
日常的に圧迫され、徐々に形が崩れます。

親指が小指側に向くと外反母趾、
小指が親指に向くと外反母趾に。

すると体全体のバランスを崩し、
腰痛や肩こり、ひざ痛
むくみなど、様々な体の不調を
引き起こしていまいます。

足の3つのアーチが大事

足に3つのアーチがあることが
大事だといいます。

1つ目→かかとから親指にかけての縦アーチ。
ここがしっかりしていれば、
土踏まずが綺麗にでます。

2つ目→かかとから小指にかけての縦アーチ。

3つ目→親指から小指にかけての横アーチ。

アーチ型の橋が上からの圧力に強い原理と同じで、
足にある3つのアーチのおかげで
人は足裏の小さな面積で
大きな体を支えることができますす

アーチがない人も足指ストレッチで改善できます。



足指ストレッチのやり方

1.足の指の間に手の指を入れる。
根元まで入れずに足の指の上の部分に
入れます。

2.足の指を包み込むようにして、
足の甲の方に足指を曲げて5秒キープする。

3.今度は、逆の方向に足指を曲げ、
5秒キープする。

これを左右10セット行います。

やりすぎると筋肉は、縮む性質があるので、
軽くするのがポイント。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ