【名医のTHE太鼓判】天日玉ねぎの作り方・レシピ!血管若返りに

タマネギ、玉ねぎ

2018年10月29日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
50代からの血管若返りSP。

ここでは天日玉ねぎの作り方・レシピの紹介!

スポンサードリンク

血管を若返らせる最強食材は玉ねぎ

血管は加齢とともにしなやかさを失って
厚く硬くなるといいます。

ではどうすると血管を若返らせることが
できるのでしょうか?

池谷先生によると、タマネギが
血管を若返らせる最強食材だといいます。

そして、タマネギの中にある
血管の老化を予防するケルセチンは、
天日干しすることで4倍になる
とのことです。

天日干し玉ねぎの作り方

1.玉ねぎの皮をむいて
窓際に置いておいて1週間ほど
日光に当てる。

緑色になったらケルセチンが
アップしたサイン。

【左側が天日干しした玉ねぎ】
天日干し玉ねぎ



玉ねぎみそ汁にチーズ

また、池谷先生によると
お味噌汁に玉ねぎを入れて
チーズをプラスすると
チーズに含まれているLTP(ラクトトリペプチド)が
血管をしなやかにし、
ケルセチンの吸収率がアップする
とのことです。


スポンサードリンク

玉ねぎの調理法

1.玉ねぎを繊維に直角にスライスする

※タマネギの細胞の中には
辛味成分が含まれていて、
繊維に直角に切ることで細胞が壊れ、
辛味成分が多く出てくる。

2.30分そのまま冷蔵庫で寝かせる。

※タマネギの辛味は硫化アリル。

硫化アリルは空気に触れることで、
血液サラサラ成分のアリシンに変化する



玉ねぎのケルセチンを効率よくとる方法

玉ねぎのケルセチンを効率よくとる方法まとめ

1.玉ねぎの皮をむいて
窓際に置いておいて1週間ほど
日光に当てる。

2.玉ねぎを繊維に直角にスライスする

3.30分そのまま冷蔵庫で寝かせる。

4.炒め物よりはスープに入れた方が
ケルセチンはたくさん摂れる。



血管若返りレシピ

【名医のTHE太鼓判】玉ねぎと酢の最強だれのレシピ!血管若返りに

【名医のTHE太鼓判】天日玉ねぎの作り方・レシピ!血管若返りに

【名医のTHE太鼓判】オリーブご飯のレシピ!農家直伝

【名医のTHE太鼓判】豆乳オリーブオイルドレッシング&オニオンサラダのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ