【ヒルナンデス】東いづみさんの驚きの冷蔵庫収納テクニック!プロのキッチン

冷蔵庫

2018年10月30日放送の「ヒルナンデス」の
プロのキッチン覗くンデス!

東いづみさんの
食材のムダを出さない
驚きの冷蔵庫収納テクニックを紹介!

スポンサードリンク

プロのキッチンアイデア

今日のプロは「5人家族で食費月3万円、
冷蔵庫収納の達人」の東いづみさん

多くの雑誌で整理・掃除術を特集されています。




①食材はすべて下ごしらえして保存すべし

冷蔵庫の中は12個の保存容器が
ありました。

冷蔵庫の中は12個の保存容器

1週間分の食材をまとめ買いし
下ごしらえした状態で
12個の容器に移し替えて保存している
とのこと。

大きい保存容器には、
よく使う食材を下ごしらえをした状態で
保存しています。

1つにはトマト。

保存容器はザル付きで水洗いし
そのまま容器に保存できます。

2つめは水につけたもやし。

3つめはキャベツの千切り。

4つ目は水切りした状態の豆腐。




中型の保存容器には、
毎日食べる常備菜を保存。

毎日食べる常備菜

マカロニサラダ、鮭のマリネ、
わかめときゅうりの酢の物、
きんぴらごぼう。

スポンサードリンク

買い物後にまとめて調理し
毎日の調理時間を短縮。

小さいサイズの保存容器には、
生姜やにんにくなどの薬味が
入っています。

ネギはキッチンペーパーを敷いて
入れることで水分を吸収し
新鮮さが保てます。

生姜は千切りにして酢に漬ければ、
1ヶ月ほど日持ちするとのこと。



②冷凍庫はブックエンドを使ってタテ収納すべし

小分けして立てると
スッキリ収納でき、
一目で中身が確認できます。

人参、わかめ、刻んだネギ、きのこ、油揚げなどが
はいっていました。

刻んだネギは、煮物や薬味としても
使うことができます。

水分の少ない食材や根菜、きのこ類は
一度に下ごしらえして冷凍保存しておくことで、
少しずつ使うことができ、
食材のムダがなくせます。

油揚げは袋の上からカットすると
油で手が汚れない。

食材の切れ端をみじん切りして集めた
「チャーハン専用セット」も入っていたのでした。


③オーブンに入れるだけ!超簡単本格クッキング

東さんは調理中に他の家事や子供の面倒が見れる
オーブン料理を活用しています。

タンドリーチキンとミートローフの作り方はこちら↓



出し入れ楽々!米びつを使った引き出し収納!

ある引き出しには冷蔵庫以外の
常温保存の食材の乾物やお茶が入っていました。

米びつを使った引き出し収納

お茶やマカロニなどが丸いガラスのビンに
はいっていました。

その後ろには、海苔が入っているケースがあり
米びつのケースでした。

海苔の他にも干し椎茸や出汁パックなどが
入っていたのでした。

ふたが上に開くので料理中立ったまま
出せるので楽だとのこと。

その下の引き出しは、米びつケースに
子供用のお菓子などが入っていたのでした。

ストックは米びつに収まる量だけに
しているそうで、そうすることで
無駄が防げるとのことです。




一か月単位で考え、月末には空になるように
してるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ