【セブンルール】ステーキ丼専門店「佰食屋」の100食限定の理由は?場所も

ビーフステーキ

2018年10月30日放送の「セブンルール」は
子育てと仕事を両立
100食限定極上ステーキ丼専門店のオーナー

佰食屋の紹介!

スポンサードリンク

佰食屋

中村朱美さんは34歳。

京都にある国産牛ステーキ丼専門店
「佰食屋」のオーナー。

店のメニューは3種類のみ。

メインは新鮮で上質な
国産牛を使ったステーキ丼が
1000円でいただくことができます。

佰食屋という名前の通り100食限定の味を求め
連日店は超満員。




中村朱美さんのセブンルール

①食材は使い切る

中村朱美さんは、
「佰食屋 すき焼き専科」「佰食屋 肉寿司専科」
という店のオーナーでもあります。

もったいないので
捨てるような部分であっても、
フードロスが出ないようにしているとのこと。


スポンサードリンク

②昼食はジュースで済ませる

お昼ごはんを何食べようかと考えたり、
食べる時間を合わせると、
1時間ぐらいかかるので
その時間がすごくもったいないといいます。


③夕食は絶対 家族全員で食べる

小さい頃から、家族で晩ごはんを食べていて、
家族のコミュニケーションが身についたため。


④髪型は変えない

広告費、宣伝費をかけないために、
自分が広告塔になるために、
数年ぶりに会った人にも、
自分だと分かってもらえるようにするため。


⑤やる気に溢れている人は雇わない

面接の時に、すごい喋りが上手で、やる気がある
みたいな感じの人は、雇わない。
優しさを持った、真面目な方に来て欲しいとのこと。


⑥毎晩30分 本を読む

本を読んでいる時間が、一番のリラックスタイム。
東野圭吾の本が好き。


⑦100食限定

「佰食屋」は、一日に百食しか売っていない。
余りに客が多く来て、それをいつまでも
対応しないといけないというのは、
自分の目指している働き方ではない
とのこと。

♪————————-♪
佰食屋
住所:京都府京都市右京区西院矢掛町21
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ