【梅ズバ】座タップダンス健康法!1日3分!認知症予防、足腰強化

2018年10月31日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」。
認知症予防・冷え性に!新健康法

座タップダンス健康法のやり方の紹介!

スポンサードリンク

ザ(座)タップダンス

今シニアの間でひそかに注目を集めている
タップダンス。

そのタップ界のレジェンド、
中野章三さんが、
冷え・認知症予防にオススメの
「座タップダンス」を
教えてくれました。

ザ(座)タップダンスのやり方

キャスターのついていな椅子を用意します。

足首回し

基本の準備体操

1.足を前に出し、内側に4回、外側に4回まわす。

足首を回すことで、ふくらはぎが伸縮。
ポンプの役割を果たし血流を促進します。

スポンサードリンク

冷え性に効果的。


4つのステップ

①三拍子
つま先で前へ打つ→後ろに打つ→元に戻す

足裏を刺激して認知症予防に。

②連続三拍子
左右の三拍子を途切れずに行う。

ステップを覚えて、
動かすことで脳のトレーニングになり
認知症予防に期待できます。

土台の足を鍛えることで、
姿勢が正され、肩こり、腰痛改善にも。

③三三七拍子
右足で三拍子のステップ。

左足で三拍子のステップ。

右足から連続三拍子。

最後に右足で足踏み。

④三三七拍子+拍手
三三七拍子の合間に手拍子を入れます。

同時に2つの動きをすることで、
脳を活性化。認知症予防の効果が
期待できます。

1日3分の座タップで足腰強化。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ