【ヒルナンデス】冷え性対策に温活!血行が良くなる爪もみや効果的なカイロの貼り方

冷え症、寒い、冬、女性

2018年11月1日放送の「ヒルナンデス」は
元気になりたいンデス!

テーマ「冷え性はおブスの始まり!?
『温活』で若々しくなりたいンデス!」

血行が良くなる爪もみや
効果的なカイロの貼り方などを紹介!

スポンサードリンク

温活が話題

女性の8割が悩んでいると言われる冷え性。

冷えに関する本が多く出版されている中、
「温活」が話題となっていいます。

石原新菜先生に冷え性について
解説してもらいます。



冷え性のレベル

レベル1→末端冷え
手足が常に冷えている状態で
多くの女性が感じています。

レベル2→2つあります
・内蔵冷え
手足が冷えていなくても内蔵が冷えている状態
みぞおち周辺を触って冷たいと胃の血行が悪くなっています    

・冷えのぼせ
手足は冷えているのに、顔・頭が熱い
体の芯が冷えることで熱が顔や頭に逃げている

レベル3→2つあります
・低体温
全身が冷える
平熱が35℃台だと低体温です。

スポンサードリンク

・ゴースト血管
手足の末端にある毛細血管が機能しなくなる




冷え性が進行するほどおブスに。

肌荒れやクマ、便秘、むくみができ、
口臭・体臭などが出てくるとのこと。

代謝が悪くなるので汗をかきにくくなり、
老廃物が体にたまることで臭いが強くなります。



すぐにできる冷え性対策!温活

温活とは、体の冷えを取って温める活動のこと。

桐谷美玲さんは白湯を飲んでいます。
内臓の温度を上げることができ、
胃腸が冷えている朝に飲むのが効果的。

ショウガパウダーなどを入れるとより良い。
有村架純さんは家で腹巻きをしています。


温活の効果

温活をすると
免疫力が上がり、風邪をひきにくく
なります。

更に、基礎代謝が上がると
痩せやすい体質になります。

体温が1℃上がると基礎代謝が
12%上がるとのことです。

手軽にできる温活

10秒でできる爪もみ

爪の横をもむことで、
神経が刺激されて血行が良くなります。

各指の爪の両端を痛くない程度の強さで
1つの指で20秒ほどもむ。

※ただし、薬指は交感神経に繋がる
ツボがあるため避けます。



カイロを効果的に使う

カイロのトライアングル貼り

効率良く体を温めるためには、
お腹・けんこう骨の間・腰の下にある仙骨の
3カ所に貼ります

食べ物で温活

食べ物には体を冷やす「陰性」と
体を温める「陽性」があるので
陽性の食べ物を積極的にとるとよい。

陰性→なす・トマト・きゅうり・バナナ など
夏が旬のもの

陽性→りんご・かぼちゃ・にんじん・たまねぎなど
冬が旬のもの


日常生活で温活「家事ササイズ」

・買い物帰りに同じ重さくらいのレジ袋を
両手で上げ下げ

・エレベーター待ちで壁腕立て伏せ

・電車に乗車時はつま先立ち

・下半身に負荷をかけて掃除機がけ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ