「朝食抜きは太る」仕組みが解明!名古屋大学の小田准教授ら【とくダネ】

朝食、鮭、みそ汁

2018年11月2日放送の「とくダネ」の
NEWSヤマサキ調べました。

「朝食抜きは太る」仕組みが
解明されたことについて紹介!

スポンサードリンク

「朝食抜きは太る」仕組み

名古屋大学の小田准教授を中心とする
研究グループによると、
56匹のネズミを2つのグループに分けて実験。

起床後すぐに食事をさせるグループと
起床から4時間後に食事をさせるグループで
分けました。

スポンサードリンク

量は1日通して同じです。

2週間後、起床後すぐに食事させ
たグループの平均体重は62.4gだったのに対し、
起床から4時間後に食事させたグループは
平均体重が67.4gと8%も多かったのです。

なぜこのようになるのか。

食事は体内時計を動かすスイッチだから。

朝食を摂ると体温が上昇し、
エネルギー消費や代謝が上がります。

一方のチームは昼食を食べた後に
体内時計のスイッチが入ります。

体温上昇はするがエネルギー消費や
代謝は少なく、脂肪がたまりやすく
なるのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ