【金スマ】医者が教える正しい食事術!驚いたランキングベスト8

夕食、食事

2018年11月2日放送の「中居正広の金曜日の
スマイルたちへ」

大好評。
医者が教える正しい食事術第3弾!

良かれと思っていたら逆だった!
驚いたランキングベスト8の紹介!

スポンサードリンク

医者が教える正しい食事術第3弾

牧田善二先生の
医者が教える正しい食事術。

大反響!67万部突破!

正しい食事術とは
食べ順・食べ合わせ・栄養など
今常識とされている食や料理に関する知識を
医学的に正しく見直した食事方法。

良かれと思っていたら逆だった!驚いたランキングベスト8

【第8位:太りたくないならバターを取りなさい】

Q:「食パンとクロワッサン、太らないのはどっち?」



A:「クロワッサン」



バターの8割は脂質。
この脂質が原因で太ると思われがちですが
カロリーと肥満は関係ない。

肥満の原因は糖質のみ。

更にバターは食べることで胃をコーティングし
糖質の吸収を抑えてくれます。

食パンとクロワッサンでは、
クロワッサンはバターでコーティングされているため
糖質の吸収を抑えてくれます。



【第7位:納豆に卵を入れるのは大損している】

その理由は卵白に含まれるアビジンというタンパクが、
納豆に含まれる美容効果があるビオチンの吸収を
阻害してしまうため。

食べる場合は全卵ではなく、
黄身だけを入れて食べるのが良い。

【納豆の正しい食べ方】
1.納豆を50回以上かき混ぜる

2.黄身を入れて食べる。

納豆にはネバネバ成分のナットウキナーゼが
含まれているため、
ネバネバを出した後に黄身を入れて食べます。

スポンサードリンク




【第6位:わさびをしょう油で溶くのは大間違い】

わさびには血流を改善する
イソチオシアネート化合物が
含まれていますが、水溶性のため
醤油に溶かすと流れ出てしまいます。

そのため刺身に乗せて食べるとよい。


【第5位:銀杏は認知症の機能改善が期待できる】

銀杏はとても健康によく、
認知症の機能改善に期待ができるとのこと。

ポイントは苦手な人も多い強烈な匂い酪酸。

酢酸は体内に入るとケトン体に変化し
脳を活性化させます。

銀杏は殻を割るのが大変ですが、
封筒の中に入れて600Wで1分加熱すると
ヒビが入り割れます。



【第4位:緑茶はダイエット効果にも期待大】

緑茶に豊富に含まれるカテキンは
血糖値を下げる事が最近になり判明しました。

緑茶を飲みながら炭水化物を摂取したほうが
糖分の吸収が緩やかになり太りにくい。


【第3位:ヨーグルトは食後に食べないと効果減】

ヨーグルトによってビフィズス菌を増やすことができますが、
胃酸に弱いため食前に食べると死滅してしまいます。

けれども、死んだビフィズス菌も善玉菌のエサになります。


【第2位:枝豆は茹でて食べるのはもったいない】

枝豆にはコリンとオルニチンという
脂肪燃焼をアップする成分が含まれています。

しかし、どちらも水溶性なためゆでるとお湯に
流れ出てしまいます。

おすすめの料理法↓
【金スマ】柴田理恵の焼き枝豆のレシピ&蒸し焼き!正しい食事術


【第1位:お酒が長寿の秘訣というのは本当だった】

今年2月、インディペンデント紙に
「1日1~2杯のアルコールこそ長寿の秘訣」と掲載されました。

カリフォルニア大学の医師が1600人以上の高齢者を調査、
毎晩1~2杯の酒を飲んでいたほうが
死亡率が18%も低かったのでした。

医学雑誌「ランセット」ではアルコールの適量が示され、
1週間の摂取量が100g以下なら死亡リスクが低くなるとのこと。

ワインなら1週間にグラス5杯、ビールなら缶7本。




最後に牧田善二先生はいいたいことがあるそうです。
それは「ストレスを抱えるくらいなら、健康を気にする必要なし!」。

健康を気にする事より、ストレスが
色々な病気の原因になるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ