【たけしの家庭の医学】高血糖になりやすい人はほうれい線が深い!ビタミンDが効果的

カーテン、部屋

2018年11月6日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
血糖値の上昇を抑える食材。

高血糖になりやすい人はほうれい線が深い
についての紹介!

スポンサードリンク

高血糖になりやすい人の顔の特徴

高血糖を放っておくと脳梗塞、
心筋梗塞を引き起こす可能性があります。

さらに高血糖の人は
認知症のリスクが高くなります。

近年の研究により、高血糖になる人と
ならない人の判別方法がわかってきました。

浦野友彦先生によると
高血糖リスクが高い人は
顔にある特徴が表れるといいます。

番組では、血糖値が気になる60代半の女性6名に
協力してもらい、顔にその特徴がある人をみつけ、
血糖値との関係を調査することに。

スポンサードリンク

結果は3人がその特徴あり、
顔に特徴があった人の空腹時血糖値は3人とも
高めだったのでした。

その顔の特徴というのはほうれい線。

浦野先生はほうれい線が
深くなる原因には
ビタミンDが関係するといいます。

ビタミンDを多く摂っている人は
糖尿病リスクを抑えられるというデータが
あるのだそうです。

ビタミンDは血糖値を改善できる栄養素。

ビタミンDが不足すると
血液中に糖分が多い状態が続きます。

すると皮膚の繊維にダメージを与え、
弾力性が失われます。

その結果ほうれい線が
深くなるのです。

高血糖を防ぐビタミンDの食材として
ならたけなどのきのこが紹介されていました。

他にも鮭などの魚類にも含まれています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ