【きょうの料理】栗原はるみのえび入り水ギョーザのレシピ!

羽根つき鮭餃子

2018年11月8日放送の「きょうの料理」の
栗原はるみの楽しい定番ごはん。

ここではえび入り水ギョーザのレシピの紹介!

スポンサードリンク

栗原はるみさんのえび入り水ギョーザのレシピ

えび入り水ギョーザ

えび、にら、鶏ひき肉でタネをつくり、
ギョーザの皮で包む。

えびは、包丁でつぶしてペースト状にしたり、
粗く刻んだり、色々な切り方にするのがおすすめ。

『材料』(4人分)(20~25コ分)

ギョーザの皮 (市販)→20~25枚

えび (無頭/殻付き)→ 10~12匹(正味200g)

にら→ 1ワ(100g)

鶏ひき肉→ 50g

(A)
スープ→ 大さじ1
※顆粒チキンスープの素(中国風)
小さじ1/2を湯大さじ1で溶いて冷ましたもの。

紹興酒→ 大さじ1/2
※または酒

ごま油 →大さじ1/2



しょうが汁→ 小さじ1
紹興酒→ 少々
※または酒

香味じょうゆだれ→ 適量

ごまだれ→適量

パクチー(香菜) →適宜

豆板醤→ 適宜

ラーユ→ 適宜

塩→ 少々

こしょう→ 少々

『作り方』
1.えびは殻と尾を取り、背中を開いて
背ワタを取り除く。

包丁の腹でつぶしながら、
ちぎるように粗く切る。

スポンサードリンク

にらは太ければ幅を半分にし、
みじん切りにする。

(A)はよく混ぜておく。
※にらは幅を半分に切ってから
みじん切りにすると、口当たりがよく、
タネになじみやすくなる。

2.ボウルに①のえびとひき肉、
(A)を入れ、粘りが出るまで
よく練り混ぜる。

しょうが汁を加えてさらに混ぜる。

3.塩、こしょう、にらを加えて混ぜ合わせる。

4.ギョーザの皮の中心に③を
スプーン1杯分くらいずつのせ、
縁に水少々をつけ、ひだを寄せながら
閉じ合わせて包む。

5.鍋にたっぷりの湯を沸かし、
紹興酒を加える。

ギョーザを入れ、浮いてくるまで
弱火で約2分間ゆで、火を通す。
※グラグラ沸かした湯でゆでると
ギョーザの皮が破れやすいので、
フツフツとした火加減でゆでる。

6.水ギョーザを器にとり、
香味じょうゆだれ、ごまだれをつけて食べる。

好みでパクチー、豆板醤、ラーユを添える。

※香味じょうゆだれの具を刻み、
薬味として添えても。



タレの作り方はこちら↓
【きょうの料理】栗原はるみの香味じょうゆだれ&ごまだれのレシピ!水餃子のたれに




【きょうの料理】栗原はるみのえびトーストのレシピ!

【きょうの料理】栗原はるみのスイートチリソースのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ