【あさイチ】今年ヒット&注目の本!池井戸潤、脱力系図鑑、韓国文学

本、カフェ、休憩

2018年11月9日放送の「あさイチ」の
特選!エンタ

今年話題になった本、
今後要チェックな作家&作品の紹介!

ナビゲーターは永江朗さん

スポンサードリンク

脱力系図鑑

今まで図鑑というと
堅くて難しいというイメージだったが、
笑えるポイントも。

ざんねんないきもの事典

脱力系図鑑の火付け役。



神社のどうぶつ図鑑

狛犬など神社で見かける動物について
うんちくを語っています。


きらわれ生物図鑑

嫌われる身近な動物の生態を紹介。


池井戸潤

「下町ロケット」や「半沢直樹」シリーズなどが大ヒット。










メディアミックス

映像化など様々な要素で
メディアミックスしていくことで
入り口が増え、ファンが広がっていく。


スポンサードリンク

ビブリア古書堂の事件手帖

京都寺町三条のホームズ



図書館の大魔術師

ライトノベル感覚のミステリーで、
女性がグッとくるポイントがてんこ盛り。


K文学

韓国文学

野蛮なアリスさん

主人公は少年ですが
女装をしているホームレス。



殺人者の記憶法

記憶障害になる元殺し屋が
連続殺人事件を解決していく。



ギリシャ語の時間

著者のハン・ガンさんは
英語圏で最も権威のあるブッカー賞に
アジア人として初めて受賞。


原州通信

短編の笑える話で
イ・ギホさんは韓国文学界の異端児と
言われているそうです。



神保町にはCHEKCCORI(チェッコリ)という
K文学のカフェもできたそうです。

韓国文学の本がたくさん
そろっているだけではなく
お酒も飲め、韓国モチ(トック)も
食べられるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ