【世界一受けたい授業】マインドフルネスダイエット(脳科学ダイエット)のやり方!

呼吸法、瞑想、ヨガ

2018年11月10日放送の「世界一受けたい授業」。

運動せずに痩せられる脳科学の
マインドフルネスダイエットのやり方を紹介!

マインドフル・ダイエット

マインドフル・ダイエットの第一段階は、
食べる前に間を作ります。

つい無意識にお菓子など
口にすることがあります。

脳は間に弱いので、「食べたい」と思ったとき
一拍待つだけで、ムダ食いがなくなり、
太らなくなります。

ボディスキャンのやり方

マインドフル・ダイエットは
まず最初は、ボディスキャンを行います。

それは足や腕、お腹など一つ一つに意識を向ける
トレーニングです。
なぜ食べたいのか、どれくらい食べたいのか、
センサーを鍛えます。

1.基本姿勢は、背中を背もたれから離し、
浅く座り、手のひらを上にして太ももの上に
置く。

2.まず、左足に意識を向けてみましょう。
左足の裏から床を感じてみます。
左足全体に意識を向けます。

スポンサードリンク

※左足だけを意識することで、
今どういう状態なのかを把握します。

3.同様に右足に意識を向け、状態を確認します。

4.そして最も重要なのがお腹。

お腹の感覚に注意を向けてみましょう。
お腹が空いているか、ぐるぐる言っているなど、
内臓の感覚に意識を向けます。

5.最後は、呼吸に意識を向け、
心を落ち着かせて終了。

このボディスキャンを行うことで、
どれだけお腹が空いているかなど、
体の変化に気づけるようになります。

1回5分、朝・晩が理想ですが、
仕事の合間などでも効果的です。



食前セレモニー

ボディスキャンの後、
食べる30秒前に「食前セレモニー」を
やると効果的です

※「食前セレモニー」を行うとストレス食いのような、
惰性で食べるクセが直せます。

1.まず食べ物をよく観察・想像。

※このお肉がどこで育てられたのか、
どう味付けされたのか、などを想像します。

2.今、どれぐらい空腹か?を10段階で評価。

3.食べ物をじっと見たり、
嗅いだりした時の全身の変化を確かめる。

4.「なぜ食べたいのか?」を考える。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ