【シューイチ】体幹コアウォーキング!正しい歩き方!美脚&腰痛にも

さわやかな女性

2018年11月11日放送の「シューイチ」の
中山のイチバンは
体幹コアウォーキングの紹介!

スポンサードリンク

体幹コアウォーキングとは?

「人生変わった!体幹コアウォーキング」著者の
今村大祐さんはウォーキングのプロフェッショナル。

ミスコンテストの日本代表にウォーキングを指導。

一般女性やモデルまで
10万人以上に正しい歩き方を指導しています。

姿勢を意識して歩くことで
骨や筋肉を正しく使うことができ、
肩こり・腰痛などの改善や体型維持も期待できます。




体幹コアウォーキングのやり方

脚の使い方

  • 上半身の使い方
  • 首の使い方
  • これらのポイントを意識しながら、縦一直線上のラインを背筋を伸ばして歩くようにします。

    足の動き

    1.つま先を約30度外側に開く

    2.かかとから着地し、親指でけり出す

    3.左右の内ももをあてるようにして歩く

    スポンサードリンク

    男性は、内ももをあまりすり合わせないようにします。
    女性は、内ももをすりあわせてしっかり締めて歩きます。

    歩幅をなるべく大きくして
    1本の線上を歩くのを意識します

    ※つま先を外側に開くことで
    足裏の筋肉をうまく使えるようになり、
    体重をしっかり支えて歩けるようになるとのこと。



    内ももトレーニング

    内ももをしめて歩くのが難しい人に
    オススメのトレーニング

    1.つま先を約30度開く

    2.ひざを開いて腰を落とす

    3.左右の膝をつけて立ち上がる

    ※このトレーニングをすることで
    内ももをしめて歩けるようになり、
    O脚やX脚の改善、
    太ももの後ろの筋肉も使うため
    ヒップアップ効果も期待できます。



    上半身の使い方

    ①へその下にあるコア(丹田)を意識して
    おなかをへこませる

    ②胸の位置を持ちあげる

    これによって、腹斜筋・肋間筋・横隔膜の
    筋肉が鍛えらます。

    ※胸を前に張り出すと腰痛の原因になるので注意。
    胸郭を持ち上げることを意識します。


    首の位置

    1.壁にかかと、お尻、後頭部をつけた状態が
    正しい首の位置になります。

    ※肩の位置が上がらないように注意。


    体幹コアウォーキングのまとめ

    1.つま先を約30度外側に開く

    2.かかとから着地し、親指でけり出す

    3.左右の内ももをあてるようにして歩く

    4.肩の位置が上がらないように首を立てる



    ここまで学んだ動きを意識して歩きます。

    日常生活の少しの距離だけでも意識して
    正しい姿勢で歩くようにするとよいそうです。



    体幹コアウォーキングの動画

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    このページの先頭へ