【男子ごはん】とりトマ丼とは?しんぺいちゃんのレシピ!岐阜県のご当地ごはん

とりトマ丼

2018年11月11日放送の「男子ごはん」

7都道府県ご当地ごはんシリーズ第5弾

岐阜県!中津川のご当地グルメ「とりトマ丼」と
飛騨高山地方のローカルフード
漬物と卵を炒めた「漬物ステーキ」

ここではとりトマ丼のレシピの紹介!

スポンサードリンク

とりトマ丼とは?

とりトマ丼は創作「なかつがわ料理」コンテストで
誕生した岐阜県中津川市のご当地グルメ。

とりトマ丼は鶏肉とトマト、米を使用し、
調理法は自由で、店舗や家庭ごとに
味や調理法が異なるのが特徴とのことです。

とりトマ丼のレシピ

とりトマ丼

『材料
鶏もも肉→大1枚(360g)

トマト→2個(280g)

にんにく→1/2片

しょうが→1/2片

(A)
しょうゆ→大さじ1.5

すし酢→大さじ1

みりん→大さじ1

片栗粉→小さじ1/2

砂糖→小さじ1/2

(B)
卵→2個

塩→ひとつまみ



温かいご飯→2人分

ごま油→適量

塩→適量

黒こしょう→適量

万能ねぎ(小口切り)→適量

白いりごま→適量

『作り方』

1.もも肉は筋を切って
塩(小さじ1/2)黒こしょうを振る。

トマトは湯むきをして縦10等分に切る。

にんにく、しょうがはみじん切りにする。
(A)、(B)をそれぞれ混ぜておく。

※トマトと卵にそれぞれ塩を加えて調理することで、
一体感が出て美味しく仕上がることがポイント。

2.フライパンを熱してごま油(小さじ1)を引き、
鶏もも肉を皮を下にして入れ、
蓋をして強めの中火で焼く。

焼き目がついたら返して
両面をしっかりと焼く。

3.キッチンペーパーで余分な脂を
拭き取ってから、よく混ぜた(A)を
加えてからめる。

4.③を取り出し、
半分に切ってから2㎝幅に切る。

5.別のフライパンを熱して
ごま油(大さじ1)を引き、
にんにく、しょうがを中火で炒める。

6.香りが出てきたらトマトを加えて炒め、
トマトの表面が崩れてきたら塩(小さじ1/3)、
黒こしょう振って炒める。

7.⑥に(B)を加え、ヘラでサックリと混ぜる。
(油が足りなかったら適量足す。)

8.半熟状になったらご飯の上にかけ、
④の鶏肉をのせてフライパンに残ったタレをかけ、
白いりごま、万能ねぎを振ってできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ