【ヒルナンデス】美肌には赤いお肉を食べる?正しいスキンケア方法を柴亜伊子先生が伝授

女性、美容、化粧

2018年11月12日放送の「ヒルナンデス」

美肌になるには赤い肉を食べる?

「きれいな肌をつくるなら
赤いお肉を食べなさい」の著者
柴亜伊子先生の美肌の作り方や
スキンケア法の紹介。

スポンサードリンク

きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい

書籍「きれいな肌をつくるなら
赤いお肉を食べなさい」が女性の間で話題に。

本の著者・柴亜伊子さんが
赤身肉と肌の関係や正しいスキンケア方法などを
解説。

肌にとって大切な鉄・たんぱく質・ビタミンBは
赤い肉の中に多く含まれています。

赤い肉は赤身肉だけでなくハツやレバー、マグロ、カツオ
などにも含まれます。

赤ければOKとのこと。

1日の鉄分の必要摂取量

鉄の1日必要な摂取量は10㎎。

ほうれん草だと500g(3袋ぐらい)
とらないといけないのですが、
豚レバーではわずか約80gで摂取できます。

鉄分には動物性、植物性とありますが、
動物性の鉄は植物性の鉄の3~10倍吸収率が良い。



1日のたんぱく質の必要摂取量

たんぱく質の1日の摂取量は女性で約50g。

スポンサードリンク

たんぱく質にも動物性と植物性があり、
動物性たんぱく質の方が圧倒的に
コラーゲンを作ってくれます。



美肌におすすめの料理の順番

ステーキ→しゃぶしゃぶ(豚)→鍋水炊き(鶏)

牛肉はこの中でも栄養価が1番高い。
鉄、たんぱく質、ビタミンBが
バランスよくたくさん含まれています。

生に近いほど栄養損失が少ないので
「レア」なほど良い。

豚しゃぶしゃぶは茹でることで栄養が流れるため、
その分多く食べる必要があります。

鶏肉はたんぱく質は多いのですが
その他の栄養素は牛・豚に比べ少ない。



美肌におすすめな部位の順番

ヒレ→ロース→サーロイン

赤い肉には多くの栄養素が含まれており、
赤い肉ほど美肌に良いとされます。

レバーは鉄分が豊富なので
シミやくすみの予防に効果的。

ホルモンはタンパク質は豊富ですが
他の栄養価が低いので
ハツなどの赤い肉を足すと良い。

同じ食べ物ばかり食べると
アレルギーになる可能性もあるので、
いろいろな赤い肉を食べたほうがよいとのこと。

赤身の魚ではカツオが最もオススメ。

タンパク質などは牛肉よりとれ、
鰹節になると栄養価が3~5倍に増えます。



正しいスキンケアの方法

スキンケアの工程でやってはいけないこと
3つはどれ?

(朝)
・ぬるま湯ですすぐ

・化粧水のみで保湿

・パッティング

・日焼け止めを塗る

・化粧をこすり洗い

・化粧水&乳液で保湿

(夜)
・洗顔で化粧落とし

・顔のマッサージ

やってはいけないのは
・パッティング
・化粧をこすり洗い
・顔のマッサージ

乳液などは保湿が足りないと
感じた時に足すもので、
化粧水のみの保湿は間違いではない。

3つとも「顔の触りすぎ」で良くない。

先生は化粧を落とす時は椿油を塗って
化粧を浮かび上がらせてから
泡立てた石鹸で優しく洗い、
こすらず上からタオルで押さえ
て拭き取っているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ