【あさイチ】食べて応援!農産物フリマアプリ「ポケットマルシェ」農業の復興支援

野菜、カボチャ、人参、トマト

2018年11月15日放送の「あさイチ」の
9時台の企画 
私たちもできる!農業の復興支援。

食べて応援する
農産物フリマアプリ「ポケットマルシェ」の紹介!

スポンサードリンク

食べて応援フリマアプリ「ポケットマルシェ」

今年は西日本豪雨などにより、
農業に大きな被害が出ました。

台風21号で被害を受けた
長野県のりんご農家では
収穫を迎えていますが、
傷で出荷が難しくなった
りんごが畑全体の5分の1もあり、
売り上げにも大きな打撃となっています。

加工業者などに安い金額で譲っていたのですが、
傷がついているだけで味には問題がないので、
農水産物のフリマアプリ「ポケットマルシェ」に
出品するようになったそうです。

スポンサードリンク

傷ありなどとして
通常の半額で販売を始めたところ人気商品に。

このアプリは生産者と消費者が
直接メッセージのやり取りができます。

台風の直後には多くの励ましの言葉が
届いたそうです。

農産物のフリマアプリを立ち上げたのは
都内の企業。

現在全国各地の900人の生産者が登録。
手塩にかけた旬の食材を出品しています。

その一部にあるのが訳ありコーナー。

今年は災害の影響からか、
ワケあり食材を出品する農家が
増えているそうです。

理由が分かれば
購入したいという人はいるので、
そうした人と困っている生産者を
つなぐために立ち上げたアプリだとのこと。

こうした訳あり商品を購入する事で
被災地を支援したいと考える人も
いるそうです。

生産者からの「ありがとう」という
感謝のメールも
「買ってよかった」という気持ちに
つながるとのことです。

ポケットマルシェ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ