【林先生が驚く初耳学】市販の酵素ドリンクは死んでいる!?カルピスは?

スポンサードリンク

果物ドリンク

2018年11月18日放送の「林先生が驚く初耳学」

市販の酵素ドリンクの酵素は死んでいる
ということについて紹介!

スポンサードリンク

市販の酵素ドリンクの酵素は死んでいる

酵素ドリンクをとると
新陳代謝が活発になり、
ダイエットや様々な
美容効果があるといわれています。

しかし、酵素ドリンクの
衝撃の事実が明らかに。

市販の酵素ドリンクの酵素は
飲む時には死んでいる。

酵素は食べ物を分解する役割があります。

もし酵素が生きてているならゼリーを溶かし
分解するはず。

ということで、ゼリーを
市販の酵素ドリンクと
生のフルーツをジューサーにかけたものとで、
その分解具合を比較してみました。

放置すること8時間。

酵素が含まれている
生のフルーツジュースをかけたものは、
ドロドロに変化。

しかし、酵素ドリンクをかけたゼリーは、
ほとんど溶けていない。

つまり、酵素は死んでいたのです。



酵素ドリンクの矛盾を林先生が解説

なぜ酵素ドリンクの酵素は
死んでいたのか?

林先生は知っていました。

酵素は働くのに適切な温度があり、
人間の中にある酵素が働くのは、
人間の体温前後。

ところが酵素を飲料として売るときには、
日本では65度以上あるいは85度以上
ちゃんと加熱して殺菌したものでなければ
飲料としては販売できない。

スポンサードリンク

40度前後で活発に働く酵素は、
60度以上で活動停止するため、
その殺菌温度まで上げてしまうと
死んでしまうのです。

酵素ドリンクの酵素は
加熱殺菌されて死んでいたのです。

お店で出される生ジュースは?

ただしお店で作るる生ジュースには
加熱義務がないので、生きた酵素が
含まれています。



カルピスの乳酸菌飲料は?

カルピスのラベルを見ると
乳酸菌(殺菌)と書かれています。

カルピス発売元のアサヒ飲料さんに聞くと

「乳酸菌自体は生きていないが、
製造過程の発酵の段階で
乳酸菌は乳酸を作っています。」

つまり、カルピスの乳酸菌は
乳酸を作るという役割を終えてから
殺菌されています。

そもそも乳酸菌の性質は
整腸作用のある乳酸を作りだす性質が
あります。

なので加熱殺菌の前に
しっかり乳酸が作られているので、
乳酸菌は生きていないが、
悪玉菌の増殖を抑えてくれるとのことです。

コメントを残す

このページの先頭へ