【林先生が驚く初耳学】雨の日はラーメンが美味しくなる!?

行列のラーメン

2018年11月18日放送の「林先生が驚く初耳学」

雨の日はラーメンが美味しくなる
ということについて紹介!

スポンサードリンク

雨の日はラーメンが美味しくなる

ミシュランガイドビブグルマン掲載の
ラーメン店「多賀野」や、
人気店きら星の店主も、ラーメンは雨の日だと
美味しく作ることができるといます。

これはいったい、なぜでしょうか?

林先生は初耳でした。

お店のラーメンのスープの作り方を見てみると、
晴れの日は、鍋に鶏ガラを入れてから、
10分後にアクが出始め、
38分後にアクが表面を覆い尽くしました。

スポンサードリンク

一方、雨の日の38分後は
晴れの日よりもアクが少ない状態でした。

このあくの少なさが
美味しさの秘密。

スープの沸く温度は気圧の影響を受けます。

鶏ガラから出る旨味成分は、
95℃以上になるとアクに
なってしまいます。

しかし、雨の日は気圧が低いため、
スープが沸く温度も低くなるのです。

実際に温度を測ってみると
晴れの日→98.5℃
低気圧の雨の日→94.0℃
でした。

沸騰させなければ、
良いスープはとれませんが、
雨の日は旨味成分がアクになる前に
お湯が沸くため、スープに旨味成分が
たくさん残るのです。

まとめ
雨の日は低気圧で沸点が低い。
うま味成分がアクにならず
ラーメンがおいしくなる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ