【ガッテン】えごま油で体重&中性脂肪が減る!?亜麻仁油でも

体に良い油 えごま油など

2018年11月21日放送の「ガッテン」は
スプーン1杯でカラダが激変!?
食べるアブラの新常識

スポンサードリンク

おいしく食べて健康になる油

実はほぼすべての日本人に不足し、
積極的に取ってほしいという油があります。

1日スプーン1杯、その油を取り足すと、
なぜか体重が減少する人が続出!

中性脂肪の値を改善し、
心筋梗塞のリスクを下げる効果も
期待できることがわかってきました。

おいしく食べて健康になる、
夢の油の正体とはアザラシの油。

身近な油ではえごま油。

私たちの身の回りにある油は、
大きく4つのグループに分けることができます。

・バターや牛肉など「飽和脂肪酸」が多い

・オリーブオイルなど「オメガ9脂肪酸」が多い

・大豆油やコーン油など、「オメガ6脂肪酸」が多い

・魚の油やえごま油など、「オメガ3脂肪酸」が多い

この4つのグループの中で、
特に重要なのがオメガ6脂肪酸と、
オメガ3脂肪酸です。

オメガ6とオメガ3は
体で作ることができません。

ところが、現在の日本人の油の
摂取比率を見てみると、
オメガ3だけが極端に少ないのです。

番組では、カナダのイヌイットたちが
多くとっているアザラシ油が紹介されましたが、
アザラシ油は日本では一般的には手に入りません。

しかし、同じくオメガ3脂肪酸を多く含んだ
「えごま油」や「アマニ油」などで
とることができます。

スポンサードリンク




バランスが大事

必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3は、
体内で対抗するように働きます。

オメガ6→血液を凝固させたり、
体内の炎症を促進したりする働き。

オメガ3→血液を固まりにくくしたり、
炎症を抑えたりする働き。

日本脂質栄養学会が推奨している、
オメガ6とオメガ3の比率は2:1

しかし日本人の現状は
およそ5:1という比率。

オメガ3は近年、
中性脂肪の合成を抑える効果や、
代謝を上げる効果も期待できると
研究が進んでいます。

実際に番組では、48人の被験者に
1日小さじ1杯のえごま油を
1か月摂取してもらったところ、
33人の体重が減少。

また中性脂肪値が基準値より悪かった
17人のうち、12人の数値が改善する
という結果になりました。

オメガ3アブラの取り方

オメガ3脂肪酸は、
動物系では水中に住む魚の油やアザラシ油、
植物系ではえごま油やアマニ油、
インカインチオイルなどに多く含まれています。

これらの油は無味無臭のものが多いので、
ふだんの料理にかけても、
違和感なく食べることができます。

ヨーグルトや味噌汁、コーヒー、納豆、
ほうれん草のおひたしや、サラダなど。

また無味無臭なので、
そのまま飲むという人もいました。

光と熱に弱い

ただし注意点があります。

光と熱に弱く酸化しやすいという
特徴があるので
揚げ物や炒め物など加熱調理には
向いていません。

保管は冷蔵庫などの冷暗所で行います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ