【あさイチ】高カカオチョコで肝機能を改善!代謝アップ

チョコレート

2018年11月28日放送の「あさイチ」。

代謝の“下り坂”にストップ!
賢く代謝を上げるには?

高カカオチョコで肝機能を改善

スポンサードリンク

代謝とは?

基礎代謝量は年齢とともに下がっていきます。

代謝の働きは基礎代謝と活動代謝の
2種類に分けられます。

基礎代謝は生命維持のために消費されるカロリーで、
活動代謝はスポーツや運動によって消費されます。

基礎代謝が約60%、活動代謝が約30%という割合。

しかし、楽して痩せるためにはただ単に
基礎代謝量を上げるだけではいけないとのこと。

目指すのは基礎代謝の効率のいい体です。


基礎代謝の5大部位

基礎代謝の5大部位。

1位:筋肉 22%
2位:肝臓 21%
3位:脳 20%
4位:心臓 9%
5位:腎臓 8%

筋肉を1キロ増やしても、
13キロカロリーしか増えません。

これはごはん一口分以下。

つまり筋トレをして増やそう!というのは
あまり効率はよくないとのこと。

基礎代謝は上がりにくいので
下げないことが重要。

肝臓のケア

ポイントとなるのが「肝臓」。

肝臓では代謝に必要な物質を
500種類以上作り出しているスーパー臓器。

しかし飲酒やストレスなどで肝機能の異常が診断された人は
25年間で2倍近くに増加しています。

肝臓ケアの最大のポイントはゆっくり噛んで、
糖の吸収をゆっくりにすること。

必要以上に送られた糖質は
中性脂肪として肝臓に蓄えられ、
代謝に必要な物質が作りにくくなってしまいます。

スポンサードリンク

お気に入りの箸置きを使って
食べるときにこまめに箸を置き、
ゆっくりご飯を食べるようにするとよい。

しかし、実践できている人は
なかなか少ないそうです。

そこで、もっとお手軽な肝臓ケアとして
チョコレートを食べるという方法を
教えてくれました。

肝機能のケアに高カカオチョコ

チョコレートに含まれるポリフェノールには
肝機能を高める働きがあります。

チョコレートはカカオ70%以上の
高カカオチョコレートを選びます。

1日25グラム(板チョコ半分くらい)
ほど食べるとよい。


食べるタイミング

食べるタイミングは
三食の食事前と午前・午後の間食として、
合計5回に分けるのが良い。

食事前に食べることで
食物の吸収を抑える効果があります。

ポリフェノールは代謝が早いので、
こまめに食べることが大切。



得られる効果

実際に脂肪肝の患者さんに
高カカオチョコレートを食べ続けてもらうと、
ほとんどの患者で
善玉コレステロールが増加し、
悪玉コレステロールは減少した
とのことです。



【あさイチ】代謝アップ体操のやり方!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ