【世界一受けたい授業】5秒筋トレ!逆腹式呼吸で内臓脂肪が簡単に落ちる

呼吸法、瞑想、ヨガ

2018年12月1日放送の「世界一受けたい授業」。

松井薫さんの
5秒筋トレのポイントを紹介!

スポンサードリンク

内臓脂肪

国士舘大学特別研究員の松井薫先生によると
内臓脂肪が増えてしまうと、がん、糖尿病、
動脈硬化などになる可能性があるといいます。

基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体を作るには
筋肉を鍛え、内臓脂肪を締め付けるの2点が大事とのこと。

内臓脂肪は、表面についている皮下脂肪より
つきやすい反面、落としやすい脂肪でもある
といいます。 



5秒筋トレのポイント

頭の中でしっかりイメージすること!

立ったままでの5秒筋トレのイメージは
お腹で空き缶を潰すイメージをしながら
負荷を掛けるだけで、通常の5倍以上の運動量が
期待出来るとのこと。


スポンサードリンク

②筋肉に話しかける!



③3つ目のポイントは呼吸

呼吸を意識すると自分の力をフルに活用でき、
より5秒筋トレの効果がアップします。

そのポイントは「逆腹式呼吸」

息を吸う時にお腹を引っ込め、
息を吐く時にはお腹を膨らませます。

【息を吸う】
逆腹式呼吸



【息を吐く】
逆腹式呼吸

普通の腹式呼吸とは逆になります。

これを行うことで、交感神経が優位になり、
精神を緊張、興奮させる効果があります。



5秒腹筋のやり方

1.両手を頭の後ろに持っていく。

手は軽く握りこぶしを作り、
肘は頭より上に上げる。

2.片足を1歩前に出し、
鼻から息を吸ってお腹をへこませる。

5秒腹筋

3.ゆっくり口から息を吐きながら上体を少し倒し、
お腹に力を入れたまま5秒キープ。

5秒腹筋

4.鼻から息を吸いながら元の状態に戻す。




宮川一朗太酸が挑戦したぽっこりお腹を撃退する
3つの5秒筋トレのやりかたはこちら↓
【世界一受けたい授業】ぽっこりお腹を撃退する5秒筋トレ!宮川一朗太

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ