【この差ってなんですか】剣道トレーニングのやり方!呼吸筋を鍛える

剣道トレーニング

2018年12月4日放送の
「この差って何ですか」。

「呼吸筋」を鍛える
剣道トレーニングのやり方を紹介!

スポンサードリンク

肺年齢をチェックする方法

吹き矢チェック

家で簡単にチェックする方法です。

ラップの芯(短いものではなく通常の30cmのもの)に
20cmに切ったラップを丸めて、
第1関節が入るくらいの所まで詰めます。

これを吹いて、どこまでラップが飛んだか
測定することで「肺年齢」が分かります。

測定するのは、玉が転がった所までの距離ではなく、
着地した場所までの飛距離です。

飛距離の目安
180cm未満で80代以上
180cmで70代
190cmで60代
200cmで50代
210cmで40代
225cmで30代
240cm以上で20代

スポンサードリンク

吹く時のポイントは、息が漏れないように
ラップの芯をしっかり咥え込むことと、
ラップの芯を地面と平行にすること。
鵜@

「呼吸筋」を鍛える剣道トレーニング

ラップ芯を竹刀に見立てた素振りがオススメ。

上半身を大きく動かすことで「呼吸筋」を
鍛えるとができますがポイントは呼吸法。

1.ラップ芯を下げた状態で鼻から息を吸い込む。

2.5秒かけて口から息を吐きながら
ゆっくり素振りをする。

剣道トレーニング

ゆっくり息を吐きながら腕を動かすことで、
より「呼吸筋」に負担がかかるため、
「肺年齢」を若返らせるのに効果的。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ