【たけしの家庭の医学】おからサラダのレシピ!脂肪肝改善に大豆

セロリのポテトサラダ

2018年12月4日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。

肝臓の老化を止める科

おからサラダのレシピの紹介!

スポンサードリンク

脂肪肝の改善が期待できる大豆

肝臓は食べ過ぎ飲み過ぎを繰り返すと脂肪肝に。

近年の研究で脂肪肝を改善する食材が
わかってきました。

その食材とは大豆。

大豆が含むたんぱく質が肝臓に作用し
FGF21を分泌、肝臓の余分な中性脂肪を
燃焼させます。

FGF21には血糖値などの改善効果もあるとのこと。

脂肪肝の予防・改善効果が期待できる
大豆の量は1日100g。

スポンサードリンク

大豆100gはどれくらいの量かというと
例えば
納豆1パック25g
豆腐1丁80g
油揚げ1枚7g
味噌汁1杯分の味噌5g
など。

大豆食品を組み合わせて
1日100gを目指すとよいとのことです。

おからサラダのレシピ

『材料』
大豆
ベーコン
きゅうり
玉ねぎ
マスカルポーネチーズ
塩・胡椒

『作り方』
1.煮こんだ大豆をミキサーにかけて
ペースト状にする。

2.ふきんに包んでこし、
豆乳とおからに分ける。

3.ベーコンは食べやすい大きさに切る。

きゅうりは薄切りにして塩もみをし、
出てきた水分を絞る。
玉ねぎはスライスする。

4.③にマスカルポーネ、塩、こしょうを加えて
味を調えてできあがり

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ