【ZIP】2018若者の流行語!レインボーハットグ、あげみざわ、U.S.A.、フィンガーダンス

人流行キーワード語

2018年12月4日放送の「ZIP!」のハテナビ。
今年若者の間でどんな言葉が流行したのか調査

スポンサードリンク

若者の間の流行語

今年も流行語大賞が発表されました。

そこで、今年若者の間で
どんな言葉が流行したのか調査。

スポンサードリンク

女子高校生は
「ガチャ。ガチをさらに崩したのがガチャ」

専門学生は
「好きのことをすこという。(軽い好きの場合)」

マジ卍に変わる
テンションアップを表す新たな流行語として
「ヒィア!」「高まる!」
などがあるとのこと。

テンションアップを表す流行語で多かったのが
「あげみざわ」

これは人気ユーチューバーkimioさんから
生まれた言葉でした。

実はkimioさんが有名になる前、6年前
枡アナが偶然インタビューしていたのでした。

小学生の女の子らは
休み時間に「U.S.A.」を踊っているとのこと。

小中学生に人気は「フィンガーダンス」。

指を使ったダンスでTikTokの人気ジャンル。

食べ物に関する流行語が
チーズハットク。

これがさらに進化して
レインボーチーズドックに。

新大久保に行くと
「とんちゃんのレインボーモッツァレラハットグ」の
「レインボーハットグ」

食べてみるとレインボーカラーのチーズが
出てきたのでした。

レインボーハットグは
若者の間で今年の流行フードになっていたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ