【世界一受けたい授業】温泉とお風呂の違い!正しい温泉の入り方

露天風呂、岩盤浴

2018年12月8日放送の「世界一受けたい授業」の
温泉療法専門医が勧める正しい温泉の入り方の紹介!

温泉とお風呂の違い

温泉地に行くとよく見かけるのが
効能が書かれた看板。

本当に温泉が体に良いのか、
東京都市大学・早坂信哉先生に
教えてもらいます。

保温の違い

女性2人に温泉とただのお湯に
40度で10分、浸かってもらう実験をしました。

すると、10分も経つと普通のお風呂では
体温が下がりますが
温泉では高い体温が1時間以上も
キープしていのでした。

なぜ高い体温が持続するのか、
これには理由があります。

それは温泉成分が皮膚の表面に
膜を作っているため。

温泉に豊富に含まれるミネラルなどの成分が
が皮膚に付着し、膜を作ると、
被膜効果が起こるため、熱が逃げにくく
高い体温が長時間保たれることが
わかったのです。

そのため、温泉に浸かった後に
シャワーなどで流すと
温泉成分が流れてしまいます。

タオルで優しく拭くことで
膜がとれるのを防げます。



美肌効果の違い

また普通のお風呂と温泉に入る前と後の
肌の状態をチェック。

スポンサードリンク

すると、普通のお風呂に入ったあとは
肌が荒れていました。

それに対し、温泉から出た後は、
きめが細かくなっていました。

肌の水分量も
普通のお風呂の後は水分が減っていますが
温泉の後は、水分量が増えていました。

これは温泉に含まれている、
ナトリウム、カルシウム、マグネシウムが
美肌効果を高めるとのこと。

さらに温泉の熱刺激で
ヒートショックプロテインという
たんぱく質を体内に作ります。

細胞が若返る効果が期待できます。

そのたんぱく質は、細胞を若返る
効果が期待できます。

なお、このヒートショックプロテインは、
40度~42度で効果的につくられるため、
家庭のお風呂でもつくれるとのことです。

その場合、温泉の素を入れても
効果があるとのことです。

温泉にはインフルエンザ予防効果も

また、温泉により、インフルエンザ予防効果も
期待できるとのこと。

「ナチュラルキラー細胞」が活性化し
インフルエンザ予防につながると近年の研究で
分かってきています。

大分県の小学校5・6年生の対象の調査によると、
普通のお風呂に入っている子に比べ、
毎日温泉の湯にはいっている子は
20パーセント以上も風邪に強いという
報告もあるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ