【名医のTHE太鼓判】生姜鍋のレシピ!AGEを減らし血管や骨の老化を防ぐ

2018年12月10日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
冬の最強鍋…老化を防ぐ!

ここではAGEを減らすことが期待できる
生姜鍋のレシピの紹介!

スポンサードリンク

AGEとは?

摂取した糖が体内でタンパク質と結合することで、
AGEという悪玉物質ができます。

AGEは動脈硬化を引き起こし、
心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるといいます。

AGEは調理法によって変わります。

煮るよりも焼く、焼くよりも揚げる方が
AGEは増えるとのこと。

高温で調理すればするほどAGEは増えます。

体内のAGEは運動などで減らせますが、
最も効果的なのは高温料理を控えること。

AGEの摂取量を極端に抑制できるのが鍋。

鍋は100度以下の低音・中音料理のため、
AGEが少ないのです。

伊藤明子先生によると、
突然死のリスクを低下させる最強の健康鍋は
高知県四万十町の人達が食べている黄色い鍋、
しょうが鍋だといいます。

なぜしょうがはAGEを抑えるのか?

スポンサードリンク

生姜の辛み成分がショウガオールという物質に変わり
より体内の糖化(AGE)を抑える作用が期待できます。

体を温める効果がアップし、AGEを抑制する酵素が活性化。

AGEの蓄積も予防してくれます。

血管や骨の老化を防ぐ…生姜鍋のレシピ

生姜鍋

『材料』
生姜

白だし

豚バラ肉

ニラ
など

『作り方』
1.鍋に白だしと鍋つゆを入れ火にかける

2.食べやすい大きさ切った豚バラ肉、
ニラを加える。

3.千切りした生姜をたっぷりのせ、ふたをする。

4.しんなりしたらできあがり。

※生姜は千切りにしたものを
水に一度さらすと辛みが抑えられるとのこと。

四万十川の人達はできたてのしょうがを使っているので
家庭で使う場合は生姜をすり下ろしてつかったほうがいい
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ