【ZIP】冬キャンプの焚火&簡単キャンプメシ!岩塩プレートも

キャンプ用品

2018年12月11日放送の「ZIP」の
なーるほどマスカレッジ。

男3人冬キャンプ
2日目の紹介!

スポンサードリンク

男3人で冬キャンプ

山下健二郎さんと工藤阿須加さんと
枡アナの男3人で冬キャンプ。

工藤阿須加さんが寒い冬でも快適過ごせる
冬キャンプの科学をレクチャーします。

1日目の様子はこちら↓
【ZIP】冬キャンプの寒さ対策グッズ!シートやテント、エアーソファ

焚火をしよう

桝アナが今回は科学で火起こししましょうということで
使うのはスチールウールと乾電池。

スチールウールを細く伸ばして乾電池をはさむだけ。

金属に電気を流すと熱が発生します。

薪を焼べるが、針葉樹と広葉樹を用意。

針葉樹は燃えやく、
広葉樹は火付は悪いが、燃えると長時間燃えます。


キャンプメシを作ろう

山下さんが用意したのは「自家製燻製器」。

段ボール箱に針金をさし、
そこに焼き網を乗せるだけ。

チーズを乗せて、
ソーセージを吊るし、
下からスモークチップで燻す。

15分で燻製のチーズとソーセージが完成。

さらに用意したのは「岩塩プレート」。

その上で霜降り黒毛和牛を焼きます。

キャンプの達人・工藤さんも
「簡単キャンプメシ」

紙袋の中に直接、ベーコン・生卵を入れ、
紙袋ごと炎の上へ。

卵の水分があるので
燃えるほど温度は上がらないとのこと。

10分ほどで完成。

次は牛乳パックを使います。

パンにチーズ・ソーセージを挟んで
アルミホイルで包む。

これを牛乳パックに入れて
火で炙ります。

牛乳パックはポリエチレンで
コーティングされているので、
燃えやすい上、新聞紙より長い時間
燃え続けるので
ちょうどいい焼き加減に。

パックが燃え尽きたら完成。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ