プラ酢料理ベスト5のレシピ!【主治医が見つかる診療所】

スポンサードリンク

黒酢

2018年12月13日放送の
「主治医が見つかる診療所スペシャル」
血管・血液&脂肪を年末大掃除!

酢の血液サラサラ効果が倍増する
食べ合わせベスト5

スポンサードリンク

酢にある食べ物を合わせると
おいしさと健康効果が大幅にアップするとのこと。

酢の研究第一人者の小泉博士によると
酢の酢酸には血圧を下げる効果があるとのこと。

小泉博士がオススメのプラ酢料理ベスト5を紹介!




スポンサードリンク

血液サラサラ効果が倍増する食べ合わせベスト5

5位:酢+チャーハン

酢を糖質と一緒に摂ると、
肝臓内のグリコーゲンの量がアップし
その後の疲労回復につながります。



4位:酢+青魚(サバ)

青魚に多く含まれるEPAには、
食欲を抑える働きのある、
やせホルモンの活性を高める働きがあり、
脂肪を減らす効果が期待できます。


3位:酢+豆腐

豆腐に含まれる大豆ペプチドには、
血圧の上昇を抑える働きがあります。

なかでも小泉博士のオススメは
油を使った揚げ出し豆腐。



2位:酢+みそ汁

酢にかけると良いのは貝の味噌汁。

小泉先生によると、酢酸の働きで、
貝殻に含まれるカルシウムが溶け出すため、
カルシウムの吸収量をアップできます。


1位:酢+納豆

ナットウキナーゼには、
脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血の固まり、
血栓を溶かす働きがあります。

お酢により、ネバネバ成分が和らぐため、
フワフワになります。

また減塩効果もあります。


コメントを残す

このページの先頭へ