【主治医が見つかる診療所】トマト鍋のレシピ!秋津先生考案!血管しなやか

トマト煮込み

2018年12月13日放送の
「主治医が見つかる診療所スペシャル」
血管・血液&脂肪を年末大掃除!

血管血液を大掃除する健康鍋対決。
豆乳石狩鍋VSトマト鍋

ここでは秋津先生考案の
トマト鍋のレシピの紹介!

スポンサードリンク

トマトに含まれるリコピンは
動脈硬化を防ぐ働きが期待できます。
また、加熱すると体内に吸収しやすくなります。

油と一緒にリコピンを摂取すると、
さらに吸収率が上がります。

トマトにしか入っていない栄養素
エスクレオサイドAは
悪玉コレステロールが原因の脂質が
血管の内側にたまっていくのを防ぐ効果が
あると言われています。

トマトよりミニトマトの方がの濃度が高い。

トマト鍋のレシピ

トマトのリコピンが血管を老けさせない。

スポンサードリンク

リコピンを効果的に摂るには加熱する。

『材料』
トマト

トマトジュース

豚バラ肉

トマトだこ(作り方は後ほど)

ネギ

カブ

ミニトマト

『作り方』
1.トマトはヘタを取って、ざく切りにする。

2.鍋にお湯を沸かして、①のトマトを加える。

※トマトでだしが取れるのでダシはいらない。

3.トマトジュースを加える。

4.豚バラ肉を加える。
※リコピンの吸収率が上がる。

5.焼きネギとカブを入れる

6.トマトだご(団子)を作る。
トマトを丸ごとすりおろして小麦粉と練る。

別の鍋にお湯を沸かし、スプーンなどで
すくって加えてゆがいてから鍋に入れる。

7.ミニトマトを加えてできあがり!




【主治医が見つかる診療所】豆乳石狩鍋のレシピ!南雲先生考案!血管若返り

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ