ポッコリおなかを解消!くびれ母ちゃん最強のながら運動【主治医が見つかる診療所】

体操、運動、ストレッチ

2018年12月13日放送の
「主治医が見つかる診療所スペシャル」
血管・血液&脂肪を年末大掃除!

脂肪を大掃除!ポッコリおなかを解消
最強のながら運動を
くびれトレーナーの村田友美子さんに
教えてもらいます。

スポンサードリンク

ポッコリおなかを解消

くびれトレーナーの村田友美子さんによると
ポッコリおなかの原因は
大きな原因の1つが、姿勢の悪さ。

逆に姿勢のいい生活を続けていれば、お腹がへこみ、
基礎代謝も上がって、自然とやせていくとのこと。

くびれを作るには、固まった筋肉をほぐすことが重要。

小胸筋と中殿筋はほぐすだけで
効果があらわれます。

①「小胸筋」のほぐし方

肩の付け根にあるこの筋肉が固くなると、
背中が丸まり、「猫背」になりやすい。

スポンサードリンク

1.床に置いた、トレーニング用の硬い
ボールの上に体重をかける。

2.そのまま前後左右に約1分動かす。
左右行います



②「お尻の筋肉」のほぐし方

お尻の筋肉が硬いと股関節もこわばり、
姿勢が悪化します。

1.仰向けになり、ボールを力を入れた時にできる
くぼみの辺り(中殿筋)におく。

2.ここに体重をかけてほぐす。

3.前後左右に約1分間動かす。

※強い痛みを感じない程度に行います


くびれ作りのカンタンな方法

腸腰筋ストレッチのやり方

腸腰筋は腰の部分で上半身と下半身を
繋いでいる筋肉。
ここのストレッチをすると、
骨盤が本来の位置に戻り、くびれが作れます。

1.右足を大きく前に出す

2.左足のつま先に重心をおく

3.肛門を前に向けるように意識する

4.右足を外側に2歩ずらす

5.左手を上げる

6.右側に体を倒しながら呼吸する

7.バウンドしながら行う



ペットボトル呼吸のやり方

ペットボトルを挟むことで
骨盤底筋が意識しやすくなり、
そのままゆっくり呼吸すると自然と、
骨盤底筋が引き上げられます。

その動きと連動し、インナーマッスルも
鍛えられるとのこと。
その結果、くびれができるとのこと。

1.ペットボトルを内ももに挟む

ながら締めトレ

2.内ももを引き上げてくるイメージで
ペットボトルを引き上げる

3.鼻から息を吸っておなかを膨らませる

4.ゆっくり吐きながら内ももを締める

1回約1分間行うと効果的とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ