【金スマ】ヒザ裏伸ばしストレッチのやり方!姿勢がよくなり健康長寿に

体操、運動、ストレッチ

2018年12月14日放送の
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

かわむらクリニックの川村医師が
考案したストレッチ。

1日3分「ひざ裏のばし」の紹介!

スポンサードリンク

ヒザ裏伸ばしストレッチ

山口県・宇部市の「かわむらクリニック」の
川村明医師は普段は外科・内科などを総合的に診療。

その傍らでヨガ教室でメソッドを教えています。

著書「ひざ裏のばし」は25万部の大ベストセラー。

1日たった3分だけの超簡単ストレッチだとのこと。

川村先生によると”ひざ裏”は
運動不足や加齢によって硬くなり、
伸縮性がなくなってしまう。

そのため、上半身の土台となる
太ももの筋肉に力が入らず、
腰回りの筋肉に歪みがでて
上半身を正しく支えきれない。

川村先生が考案したのが「ひざ裏のばし」。



壁ドンストレッチ

壁ドンストレッチ

1.壁に向かって1mほど離れた位置に立つ

2.鼻から息を吸いながら右足を前に出し、
両手を肩の高さで壁につける。

※この時右足は曲げ、左足はひざ裏が
ピンと伸びるようにする

3.姿勢をキープしたまま、
壁をゆっくり5回押す。

スポンサードリンク

※お腹とお尻に力を入れ、
少しずつ口から息を吐きながら
5秒かけて押す(1回あたり1秒)と
より効果的。

この時壁を押すことに必死になって、
背筋や後ろ足が曲がってしまうのはNG。

常に背筋と後ろ足はまっすぐにし、
正しい姿勢を保つことを心がけます。

4.最後に両手をのばし、
かかとは床を強く踏みしめ
てグーッと5秒キープ

このとき、ゆっくり口から息を全部吐ききる。

5.これを2セット。
反対側の足も同様に行います



壁ピタストレッチ

壁ピタドローイン

1.壁に背にして立つ。
かかと・腰・背中・後頭部を壁につけ
その4点を意識して立つ。

2.つま先を90℃ほどに開き
あごは軽くひき、両ひざはなるべく内側に力を入れ
寄せてくっつける。

3.手のひらを壁につけながら、
5秒かけて口から息を吐きます。

※この時、ひざと腕はしっかり伸ばし、
正しい姿勢をキープ。

4.5秒かけて鼻から息を吸いながら、
手のひらを返した状態をキープ。

1日1セット行います。



1.2.3体操

1.両足を腰幅よりも大きく広げて立つ。
足の角度は90度ぐらいが目安。

2.5秒かけて口から息を吐きながら、
ゆっくりひざを曲げて腰を下げていく。

※このとき、体を前や後ろに傾かせるのはNG。
体を傾けず、まっすっぐ下におろすようにします。

3.この状態をキープし、両手で太ももを
「ワン・ツー・スリー」と元気よく
言いながら3回たたく。

180611kabepita.jpg

5.5秒かけて鼻から息を吸いながらゆっくり立ち、
「ワン・ツー・スリー」と言いながら
両手でお尻を3回たたく

1日3セット行います。

辛い場合は腰を浅めに落としてもよいです。

逆に問題なければ、できるだけ腰を落とすと
より効果があがります。




ひざ裏の柔らかさをキープすることで
老後も姿勢が良い体になり、
腰痛も改善するとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ