【ゲンキの時間】しょうが緑茶の作り方・レシピ!高血圧改善に

緑茶、お茶

2018年12月23日放送の
「健康カプセル!ゲンキの時間」は
薬味で健康的に年越し大作戦。

高血圧改善にしょうが緑茶のレシピの紹介!

スポンサードリンク

最強ドリンク「しょうが緑茶」

高血圧をより改善するのにオススメなのが、
生姜に緑茶を加えた「しょうが緑茶」。

血液中には血管を締める酵素がありますが、
緑茶に含まれる「エピガロカテキンガレート」が
その働きを抑えます。

生姜と緑茶を一緒に摂取する事で、
ダブルの効果となり、より強力な降圧作用が
期待できます。

しょうが緑茶の作り方

『材料』
緑茶の茶葉→小さじ1

皮付きしょうが→約5g

『作り方』
1.しょうがを皮ごとすりおろす。

2.急須に茶葉を入れる。

3.お湯を沸かし、一度他の容器に移し
80度くらいにする。

4.③のお湯を②の急須に入れてコップに注ぐ。

5.コップにおろし生姜を入れて混ぜればできあがり。

しょうが緑茶を作るポイント

・皮ごとする

・お湯は沸騰したものを使用せず80℃以下にする
※エピガロカテキンガレートは、
80℃を越えると壊れてしまうので、
お湯を沸騰させず80℃以下にするのがポイント。

80℃に温度設定したポットのお湯を使ってもo.k。

・緑茶の中に生姜を約5g入れる

チューブの生姜を使用する場合は、
他の成分も含まれているので、
生の生姜の1.5倍を入れると良い。

生姜の量は、好みによって多少変えても構いません。


しょうが緑茶は、1日3杯を飲むのがオススメ。

しょうが緑茶1杯を、半分は食前、
半分は食後に飲むと、食前に飲んだものは、
食後高血糖の予防になるとのことです。

また、脂質異常の改善効果もあるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ