【この差って何ですか】年賀状で目上の人にNGな挨拶は?謹賀新年、賀正、迎春…

お正月、賀正

2018年12月18日放送の「この差って何ですか?」

「謹賀新年」「賀正」「迎春」
「あけましておめでとうございます」の中で
目上の方に送るのにふさわしい言葉の紹介!

スポンサードリンク

目上の方に送るのにふさわしい年賀状の言葉

岩下宣子マナー講師に教えていただきます。

年賀状には、「謹賀新年」「賀正」
「あけましておめでとうございます」「迎春」の
4つ言葉のどれかかが書かれていることが多い。

どの言葉も年賀状にふさわしいのですが
目上の方に送ると失礼になる言葉がある
とのこと。

目上の方に送る文書には
敬う言葉を入れるのがマナーなのですが、
4つの言葉の中には敬う言葉が
全く入っていないものがあります。


謹賀新年

「謹賀新年」は、「謹んで新年をお祝いする」という意味で、
「謹」の字が敬う意味を表すため、目上の方に送っても良い。

賀正

「賀正」は「恭賀新正」を簡略化した言葉。
「恭賀新正」は、「恭」は敬う、「賀」は祝う、
「新」は新たな、「正」は正月を表し、
敬う言葉を含んでいるので目上の方に使うのにふさわしい。

しかし、簡略化した「賀正」は
敬う意味の「恭」の字が省かれてしまうので、
目上の方へ送る年賀状にはふさわしくない。



迎春

「迎春」は「迎春万歳」を簡略化した言葉。

「万歳」は古代中国で皇帝の世が
栄えていることを祝うために
下々の者が使っていた言葉で、
目上の方を敬う言葉。

そのため「迎春万歳」は目上の方に
使うのにふさわしいのですが、
「迎春」と簡略化してしまうと
敬う言葉が省かれるため、
目上の方に送る年賀状にはふさわしくない。



あけましておめでとうございます

「あけましておめでとうございます」には
敬う言葉が含まれていないので、
目上の方に送る年賀状にはふさわしくない。



結論

目上の方に送る年賀状にふさわしいのは
敬う言葉が含まれる「謹賀新年」だけがふさわしい。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ