【林先生の初耳学】高級食パン専門店 銀座に志かわ!東大の研究が生かされたパン

スポンサードリンク

食パン

2018年12月23日放送の「林先生が驚く初耳学」

林先生が驚いた8大ニュースの4位はの
空前の高級食パンブーム。

銀座に志かわのパンがおいしい理由について紹介!

スポンサードリンク

銀座に志かわ

高級食パン専門店「乃が美」が11月に
東京に進出しました。

そんな中、東大の研究が生かされたパンが
あるといいます。

それは銀座に志かわ。

東京大学の中で共同研究を行い、
どんな水を使えばパンが美味しくなるかを
突き詰めてできた、「水」にこだわる
高級食パンのお店。

スポンサードリンク

多くの店では小麦粉や卵にはこだわりますが、
水は普通のものを使うことが多い。

そんな中、東大とに志かわが目をつけたのは水。

パンの材料の水が占める割合は60%と高いため、
徹底的にこだわった水を使用することで、
美味しい食パンが出来ると考えたのです。

研究の結果たどり着いたのは、
アルカリ性の強いpH9以上の水。

pH9以上のアルカリ性の高い水は
油と一体化する乳化作用が。

水と油が分離しないことで、より柔らかなパンに
仕上がります。

トーストすると
よりフワフワ感が増すそうです。

アルカリ性の強い水によって、
素材そのものの旨味を引き出されているので、
洋食だけではなく、和の惣菜にも
相性抜群。

例えば「きんぴらごぼう」や「イカの塩辛」など
ギャル曽根さんが食べていましたが、
メチャクチャ合うそうです。

コメントを残す

このページの先頭へ