【林先生の初耳学】千羽鶴が最新技術で 画期的な再利用方法!

折り紙、千羽鶴

2018年12月23日放送の「林先生が驚く初耳学」

林先生が驚いた8大ニュースの3位は
西日本豪雨。

千羽鶴が最新技術で
画期的な再利用について紹介!

スポンサードリンク

千羽鶴は再生紙にリサイクル

災害被災地に贈られる支援物資の中には
対応に苦慮する物もあるそうで、
阪神淡路大震災では救援物資の処分に
2300万円もかかったそうです。

平和記念公園には、
毎年10トン以上の千羽鶴が贈られ、
一定期間展示後に保管されます。

その後再生紙として
以前からリサイクルされています。

しかし、最新技術によって
画期的な再利用をされています。

千羽鶴の画期的な再利用法

まず、古紙再生業者が引き取り、
紙の原料のパルプにリサイクル。

このパルプが繊維会社へ、

最新技術で紙から糸へ生まれ変わり
タオルやTシャツなどの繊維製品として
再利用されているとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ