【たけしの家庭の医学】記憶力改善に1つ前の食事回想法!認知症予防、認知機能改善に

脳、頭

2018年12月25日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

認知症総チェック&名医の改善法スペシャル

ここでは記憶力低下の改善法の紹介!

スポンサードリンク

認知症

認知症は進行を遅らせることはできても
完治させることは難しいといわれています。

しかし、MCI(軽度認知障害)の段階で適切に対処すれば
正常な状態に戻す可能性があるとわかってきました。

MCI(軽度認知障害)は
認知機能が衰え始めている認知症一歩手前の
予備軍です。

認知症治療・研究の名医 朝田隆先生によると
認知症というともの忘れのイメージが強いですが
実は認知機能というのは記憶力だけではないといいます。

MCIに気づくには認知機能の中で
早く衰えがちな4つの力をチェックすることが大事。

【認知機能の4つの力】

スポンサードリンク

・記憶力→もの忘れなどにつながる機能
・視空間認知力→目で見た位置関係を脳で処理する機能
・注意力→様々なことに気を配る機能
・言語力→コミュニケーションに欠かせない機能

ここでは記憶力の衰え改善法について
紹介します。



記憶力改善に1つ前の食事回想法

記憶力の衰え・予防・改善法のポイントは
毎日無理なく続ける、習慣化することが大事。

記憶力の改善に大切なのは
思い出すトレーニングをすること。

思い出すトレーニングをすることで
情報をインプットする力も鍛えられます。

記憶力を鍛えるためには
海馬を鍛える必要があります。

毎日行うのにおすすめの方法は
1つ前の食事を思い出すことです。

例えば朝ごはんの時には前の日の
夕食のメニューを思い出してみます。

昼食の時には
その日の朝の朝食を思い出します。

最初はなかなか思い出せなくても
諦めずに思い出そうとすると
これを繰り返すと最初はうまくできなくても
だんだん海馬が活性化されます。




【たけしの家庭の医学】認知症予防、認知機能改善に逆さま配膳、片足立ち、新聞

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ